会員制ライブラリー

トピックス 2014年

スペシャリティコーヒーの美味しさを実感!   「コーヒーイベント」開催レポート

アークヒルズライブラリーで開催した「おいしいコーヒーを淹れて飲む」イベントでは、今話題となっているサードウェーブコーヒーがどのようにして生まれたか、スペシャリティコーヒーとは何か、焙煎、産地、精製方法の違いでどのように味が変わるかのを知ると同時に、コーヒーの美味しい淹れ方を学びました。



「人と会う」「仕事をする」「読書をする」「考え事をする」が全部適う場所   bizメンバーインタビューシリーズ : 松山 真之助さん

15,000人の読者を持つ人気メルマガ「We book of the Day」の発行人で、『マインドマップ読書術』や『早朝企業』など多数の著書を持つ松山さん。講演、執筆と多岐にわたりご活躍されている松山さんに、平河町ライブラリーの活用法をお伺いしました。



アークヒルズのサウスタワー3階で開催する「イノベーション・エンジン~未来を創るイノベーター」の第2回を12/17(水)に開催します。テーマは「大手企業×ベンチャー企業の新結合」。
10月に様々なネットサービス企業12社が「Syn.alliance」を設立。そして、スマホ時代の“中心のないポータル”の構築を目指す「Syn.」構想を発表しました。その意図とは?
大手企業のKDDI㈱の旗振り役の森岡康一氏、ベンチャー企業のnanapiの古川健介氏、そしてモデレーターの津田大介氏が登場。



今年も残り少なくなってまいりましたが、メンバーの皆さまはいかがお過ごしでしょうか。 今年もライブラリーをご利用いただきまして、誠にありがとうございました。 街中では、イルミネーションが華やかに輝き、目を楽しませてくれています。 あわただしい年の暮れでありますので、どうぞお身体に気をつけてお過ごしく....



アークヒルズライブラリーでおいしいコーヒーを淹れて飲む!   全3回イベント開催!各回限定15名参加者募集中

いま東京はコーヒーブーム。豆の産地を重視し、豆の個性を最大限に引き出す淹れ方を追求する新しいコーヒーカルチャーも生まれました。
この度、アークヒルズライブラリーでは、コーヒーの専門家お二人にお越しいただき、コーヒーの基本的な知識とおいしく淹れる方法を学ぶイベントを開催することになりました。全3回、毎回2種類のコーヒーを飲み比べて、焙煎や産地、精製方法の違いで味が異なることを体験します。



49階のエントランスショーケースにて、歌川広重が描く『東海道五十三次』に見る“江戸の旅姿”をテーマに、復刻版画やパネル、関連書籍の展示を開催しています。風景画というだけでなく、旅行ガイドブックの役割もあったという『東海道五十三次』。当時の旅姿から江戸時代の風情を感じるのも一興です。



ゲストの同伴が無料でできるのがいいですね   bizメンバーインタビューシリーズ : 林 信行さん

日米英の雑誌、Web、テレビ、ラジオで情報発信を続けられるITジャーナリスト兼コンサルタントの林さん。グローバルにご活躍され、毎日多忙を極める林さんに、平河町ライブラリーの活用法をお伺いしました。



毎週土曜日にアークヒルズのアーク・カラヤン広場にて開催されている「ヒルズマルシェ」、11月15日にはアークヒルズライブラリーが「ブックマルシェ」を出店します。ビジネス書、写真集、小説、お料理の本から洋書まで様々な本を、100円から700円という格安の料金で販売します。土曜日の朝、ぜひアーク・カラヤン広場へお立ち寄りください。今年の出店はこれが最後になります。どうぞお見逃しなく。



「一番気に入っている所は、作業がはかどる環境のよさ!」   メンバー直撃インタビュー 第2回 : 佐藤 守さん

アークヒルズライブラリーをどのように利用されているのか、メンバーに活用法を伺う直撃インタビュー。今回は、個人事業主として企業向けのシステム開発を手掛ける佐藤守さんです。企業での経験を生かして個人として独立し、着実にご自身の道を切り開いている佐藤さんに、アークヒルズライブラリーをどのようにご利用か伺いました。



10月の“DISCOVERセレクション”   「イノベーションを起こす」

「平河町森タワーに位置すること」「本」という2つの共通点があることから、プレジデント社さんとディスカヴァー・トゥエンティワンさんの“セレクションコーナー”を平河町ライブラリーに設置し、月替りのテーマで書籍をご紹介。今月のテーマは“イノベーションを起こす”。ディスカヴァー・トゥエンティワンによる厳選された書籍をお楽しみください。



『ビジネスモデル全史』読書会へご招待! 希望者全員をご招待 ~10月入会者 限定特典~

【限定!10月の入会者特典】『ビジネスモデル全史』読書会へ希望の方全員をご招待!
9月中旬に発売された『ビジネスモデル全史』。著者の三谷宏治氏がファシリテートしてくださる読書会へご招待します。アカデミーヒルズの会員制ライブラリー(六本木/アークヒルズ/平河町)へ、10月にご入会いただいた方で参加ご希望の方は、各施設のレセプションでお申込みを承ります。
ワークショップ形式で進む読書会、三谷氏とのディスカッションは、ビジネスモデルの本質を知る、とても貴重な機会です。是非お申込みください。



メンバーには知人も多いので、情報交換や近況報告ができるのがいいですね   bizメンバーインタビューシリーズ : 保田 隆明さん

平河町ライブラリーのオープン時からご利用いただいている保田さん。現在は、昭和女子大学准教授を務めるほか、執筆活動やテレビ、ラジオなどのメディアでビジネス関連の解説など、多方面でご活躍されています。今年度から東京にもどられて、ライブラリーのご利用が多くなった保田さんに、平河町ライブラリーの活用法をお伺いしました。



平河町ライブラリーのメンバー様向けのフェイスブックページをスタートします。メンバーの皆様にとってお役にたつ情報満載のページにしていきます。



どのようにご利用か、メンバーの生の声をお届けします!   メンバー直撃インタビュー 第1回 : 伊東 久美子さん

アークヒルズライブラリーをどのように利用されているのか、実際のメンバーに活用法を伺うインタビューシリーズ。記念すべき第1回は、伊東久美子さんにお話しを伺いました。
外資系メーカーでマーケティング業務を経験され、現在は東京工業大学大学院の博士課程に在籍しながら、研究機関でグローバル人材育成に関する研究プロジェクトに携わっていらっしゃいます。



アークヒルズライブラリーメンバーの自主活動 『英語を使って表現しよう!』 の秋期の開催日程が決定しました。
今年5月にスタートした『英語を使って表現しよう!』は、簡単な英語で会話をしてみるクラス。英語力を維持したい方や、実際に英語を話す機会が少ない方の参加が多く、毎回異なるテーマをもとにフリーディスカッションを行います。
在米6年で現在は外国大使館の職員をしているアークヒルズライブラリーの会員がファシリテーターを務め、日常の様々なことや自分の趣味についてなど、毎回テーマを取り上げて自分の経験や考え方をシェアします。



9月20日(土)ブックマルシェ開催 魅力的な書籍を格安販売します!

毎週土曜日にアークヒルズのアーク・カラヤン広場にて開催されている「ヒルズマルシェ」、9月20日にはアークヒルズライブラリーが「ブックマルシェ」を出店します。ビジネス書、写真集、小説、お料理の本から洋書まで様々な本を、100円から700円という格安の料金で販売します。土曜日の朝、ぜひアーク・カラヤン広場へお立ち寄りください。



アークヒルズサウスタワー(3階)を舞台に、イノベーターが集うセミナーシリーズ「イノベーション・エンジン」が始動します!既存メディアとソーシャルメディアを通じ、独自の視点で情報を伝えているジャーナリストの津田大介氏がモデレーターを務め、ベンチャー企業、大企業の新規事業など、様々な業界で新たなムーブメントを起こしているイノベーターをゲストに招きその経験を共有します。第1回のゲストは、「NewsPicks」を提供する株式会社ユーザーベースの代表取締役共同経営者の梅田優祐氏と佐々木紀彦氏。こちらのセミナーの募集を開始します。



「ラオス大使館」がシェアードウォールに新参加!   JETRO(日本貿易振興機構)も協力参加

“アークヒルズ”という国際色豊かで多様な文化が交流する東京赤坂エリアに位置するライブラリーならではのシンボルとして設置した「シェアードウォール」。全長10メートルに及ぶ棚では、各国の大使館とコラボレートして、その国の歴史や文化、旬の出来事を紹介しています。テーマである“シェア”が生まれるきっかけとなっているこのウォールに、新たに「ラオス大使館」が加わりました。



メンバー交流を目的としたシーズナルパーティー“World Trip”。今回旅した国は、カラフルな色彩あふれる太陽の国“メキシコ”。第1部では、今年で生誕100周年を迎えたメキシコを代表する詩人、オクタビオ・パスを通じて、メキシコ文学やメキシコ人の価値観・世界観について伺いました。

第2部では、無形文化遺産でもあるメキシコ料理やメキシコのお酒を楽しみがなら、メンバー交流を行いました。



ナショナル ジオグラフィック編集部 今月のおすすめ本(8月)   ~アークヒルズライブラリー “シェアードウォール”より~

多様な文化とエリアに集う人々の交流の場のシンボルとして誕生したアークヒルズライブラリーの『シェアードウォール』。各国大使館や企業/団体とコラボレートして、情報を発信しています。
世界180カ国で850万人が読んでいる月刊誌「ナショナル ジオグラフィック」のコーナーでは、編集部のおすすめ本を、毎月おすすめコメントと一緒に紹介しています。



「メキシコ大使館」がシェアードウォールで発信開始!   8月12日 “メキシコ” がテーマの交流パーティーも

“アークヒルズ”という国際色豊かで多様な文化が交流する東京赤坂エリアに位置するライブラリーならではのシンボルとして設置した「シェアードウォール」。全長10メートルに及ぶ棚では、各国の大使館とコラボレートして、その国の歴史や文化、旬の出来事を紹介しています。テーマである“シェア”が生まれるきっかけとなっているこのウォールに、新たに「メキシコ」が加わりました。



期間限定!“トク得回数券”販売中(7月14日~8月31日)   平河町ライブラリーで、仕事も勉強もスマートに。

会員制施設をおトクに利用するチャンス!会社帰りの資格試験勉強や残務処理に。週末の読書に。家でもないオフィスでもない第三の場~サードプレイス~として、ぜひこの機会にご活用ください。ご興味のある方、まずは見学会にお申込を。



7月19日(土)ブックマルシェ開催   魅力的な書籍を格安販売します!

毎週土曜日にアークヒルズのアーク・カラヤン広場にて開催されている「ヒルズマルシェ」、7月19日にはアークヒルズライブラリーが「ブックマルシェ」を出店します。ビジネス書、写真集、小説、お料理の本から洋書まで様々な本を、100円から700円という格安の料金で販売します。土曜日の朝、ぜひアーク・カラヤン広場へお立ち寄りください。



【エントランスショーケース】本読む姿は美しい / 読書イコノグラフィII   ~古今東西の「読書の絵姿」を、ご紹介しています~

49階のエントランスショーケースにて、古今東西の読書の絵姿を、パネルと関連書籍でご紹介しています。

源氏物語絵巻から、レンブラント、フラゴナール、ルノアール、ピカソ、歌麿など、多くの画家たちが題材に本読む姿を選択し、それをキャンヴァスに描くのには、それなりの理由があるのでしょう。

画集を捲ると、実に多くの読書の絵姿が見出されます。その多くは女性の読書姿で、みな一様に美しい。



頭を切り替えやすい環境が魅力的   bizメンバーインタビューシリーズ : 海豪 うるるさん

“美味しいって何だろう”と思ったところから料理の道に入られたという海豪さん。文化、芸術、ビジネスなど様々な分野と「食」をつなげながら、“美味しい”だけでなく“楽しい”という気持ちを生み出す活動を目指し、料理研究家/エッセイストとしてご活躍されています。現在、郷里の奈良からの依頼で「奈良市観光大使」も務められている海豪さんに、平河町ライブラリーの活用法をお伺いしました。



ナショナル ジオグラフィック編集部 今月のおすすめ本(6月)   ~アークヒルズライブラリー “シェアードウォール”より~

多様な文化とエリアに集う人々の交流の場のシンボルとして誕生したアークヒルズライブラリーの『シェアードウォール』。各国大使館や企業/団体とコラボレートして、情報を発信しています。
世界180カ国で850万人が読んでいる月刊誌「ナショナル ジオグラフィック」のコーナーでは、編集部のおすすめ本を、毎月おすすめコメントと一緒に紹介しています。



6月の“PRESIDENTセレクション”   「年収は『住むところ』で決まる?」

「平河町森タワーに位置すること」 「本」という2つの共通点があることから、プレジデント社さんとディスカヴァー・トゥエンティワンさんの“セレクションコーナー”を平河町ライブラリーに設置し、月替りのテーマで書籍を紹介いただいています。今月のテーマは「年収は『住むところ』で決まる?」。プレジデント社書籍編集部による厳選された書籍をお楽しみください。



昨年7月1日にオープンしたアークヒルズライブラリーは、開館1年を記念し、『一周年キャンペーン』を実施いたします。
入会をご検討の方、どうぞこの機会をお見逃しなく。



メンバーの交流活動 “Table Share”   毎週火曜日19:30から@シェアラウンジ

メンバーの自主活動である“Table Share”は、1年前にアークヒルズライブラリーが開館したのと時を同じくして誕生しました。毎週火曜日19:30からシェアラウンジに気軽に集まって同じテーブルを相席するスタイルは、アークヒルズライブラリーメンバー 根本健一さんの発案です。「せっかくの会員制ライブラリーなのだから、会員同士で普通に挨拶したり、声を掛け合ったりできる雰囲気や場をつくりたい。」という思いから活動を始めたとおっしゃいます。



ブックマルシェ in ARK HILLS 新緑が美しいアークヒルズのカラヤン広場で開催!

アークヒルズのカラヤン広場で毎週土曜日に開催されている“ヒルズマルシェ”。アークヒルズライブラリーがオープンした昨年から、不定期で「ブックマルシェ」を出店しています。今年は5月17日(土)から、7月、9月、11月に開催する予定です。



「平河町森タワーに位置すること」「本」という2つの共通点があることから、プレジデント社さんとディスカヴァー・トゥエンティワンさんの“セレクションコーナー”を平河町ライブラリーに設置し、月替りのテーマで書籍をご紹介。今月のテーマは“ビジネス書大賞2014”。ディスカヴァー・トゥエンティワンによる厳選された書籍をお楽しみください。



アークヒルズライブラリーの会員自身が発案したメンバーの自主活動英会話クラス 『英語を使って表現しよう!』 がスタートします。ファシリテーターは、近辺の外国大使館に勤務するアークヒルズライブラリー会員の村越一夫さん。国際的な人が集まるアークヒルズならではのテーマで会員同士のコミュニティが生まれれば、と名乗り出てくださいました。参加者それぞれが、ギブアンドテイク出来て自分の引き出しを多く持てるようになれればと希望を語られます。



『日経ビジネス for iPad』無料開放!期間限定6月末まで   日経ビジネス×academyhills コラボキャンペーン

毎週月曜日発売の経済紙『日経ビジネス』を、期間中毎号無料でダウンロードできるサービスを開始しました。六本木ライブラリーとアークヒルズをご利用の会員を対象とした、日経ビジネスとアカデミーヒルズのコラボキャンペーンです。それぞれのライブラリーの専用無線LANにiPadで接続すれば、『日経ビジネス』を6月末まで無料で読むことができます。



ナショナル ジオグラフィック編集部 今月のおすすめ本(4月)   ~アークヒルズライブラリー “シェアードウォール”より~

多様な文化とエリアに集う人々の交流の場のシンボルとして誕生したアークヒルズライブラリーの『シェアードウォール』。各国大使館や企業とコラボレートして、情報を発信しています。
世界180カ国で850万人が読んでいる月刊誌「ナショナル ジオグラフィック」のコーナーでは、編集部のおすすめ本を、毎月おすすめコメントと一緒に紹介しています。



【エントランスショーケース】WORK PLACE 2014   6月末まで棚の書籍は月ごとに変わります

49階のエントランスショーケースがライブラリーの棚に変わりました!

今回のテーマは 「WORK PLACE 2014」。壁面には、六本木ライブラリーやアークヒルズライブラリー、平河町ライブラリーのメンバー属性のほか、メンバーの皆様のご意見を紹介。また、イベントやメンバーズコミュニティについても紹介をしています。棚は、現在TSUTAYA TOKYO ROPPONGIでコラボ展開中に書籍を紹介しています。



“春のキャンペーン”実施中 ~4月1日~5月31日期間限定~   会員制施設をおトクに体験するチャンス!!

新しいことを始める機会が多いこの季節。平河町ライブラリーでは、いま春のキャンペーンを実施しています。平河町ライブラリーにご興味をお持ちの方、ご入会を検討されている方、この機会をお見逃しなく!まずは、見学会にお越しください。



足湯は、ひらめきが生まれる場所   bizメンバーインタビューシリーズ : 横山 稔さん

日建設計勤務、アリゾナ州立大学助教授、武蔵野美術大学非常勤講師などを経て、現在は文化学園大学造形学部建築インテリア学科教授、インテリアデザイナーとしてご活躍されている横山さん。著書『五感のデザインワークブック』(彰国社)で2013年グッドデザイン賞を受賞され、また、ウェディングリング「awaseru」で、世界的に最も権威のあるデザイン賞の一つである「iF design award 2014」プロダクトデザイン部門でも受賞された横山さんに、平河町ライブラリーの活用法をお伺いしました。



シェアードウォールに「グルジア」が新参加!   グルジア?と聞いて、どこの国かイメージが浮かびますか。

全長10メートルの「シェアードウォール」は、アークヒルズライブラリーの特徴の1つ。各国の大使館とコラボレートして、その国の歴史や文化、旬の出来事を紹介する棚では、日本ではなじみの少ない国の情報を伝えています。テーマである“シェア”が生まれるきっかけとなっているこのウォールに、新たに「グルジア」が加わり、大使が来館されました。



ナショナル ジオグラフィック編集部 今月のおすすめ本(3月)   ~アークヒルズライブラリー “シェアードウォール”より~

多様な文化とエリアに集う人々の交流の場のシンボルとして誕生したアークヒルズライブラリーの『シェアードウォール』。各国大使館や企業とコラボレートして、情報を発信しています。
世界180カ国で850万人が読んでいる月刊誌「ナショナル ジオグラフィック」のコーナーでは、編集部のおすすめ本を、毎月おすすめコメントと一緒に紹介します。



2つのTSUTAYAにアカデミーヒルズ会員制ライブラリーの棚が登場! 「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」と「TSUTAYA BOOK STORE 神谷町駅前店」

3月4日(火)にリニューアルオープンしたTSUTAYA TOKYO ROPPONGIにアカデミーヒルズ会員制ライブラリーの棚が登場しました。また、TSUTAYA BOOK STORE 神谷町駅前にも、3月3日(月)から4月下旬までライブラリーアドバイザー小林麻実が選書した棚が展開されます。



2月の“PRESIDENTセレクション”   「あなたは、変われる」

「平河町森タワーに位置すること」 「本」という2つの共通点があることから、プレジデント社さんとディスカヴァー・トゥエンティワンさんの“セレクションコーナー”を平河町ライブラリーに設置し、月替りのテーマで書籍を紹介いただいています。今月のテーマは「あなたは、変われる」。プレジデント社書籍編集部による厳選された書籍をお楽しみください。



六本木ライブラリーのエントランスショーケースが、現在森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)で開催されている「テート美術館の至宝ラファエル前派展」
と連動した展示に変わりました!

「ラファエル前派展」で展示中の作品のパネル展示のほか、普段六本木ライブラリーで見ることができない関連書籍を展示しています。
4月上旬までの展示です。



メンバー交流を目的としたシーズナルパーティー“World Trip”。4回目の今回旅した国は、南アジア随一の面積と世界第2位の人口を持つ大国“インド”。今回はそのインドで、日本のマンガ「巨人の星」を多種多様な人々に受け入れられるようにリメイクして、インド版アニメ「巨人の星」こと“SURAJ-The Rising Star”を製作したチーフプロデューサーで講談社インドプロジェクト・ディレクターの古賀義章氏に、『「飛雄馬」と行く現代インド』と題して、アニメの製作秘話や現地で撮影した写真をもとに、現代インドを語っていただきました。



グランド ハイアット 東京のフレンチキッチンでは、2014年2月7日(金)~ 16日(日)の期間限定で、本場スイスの伝統的なお料理がお楽しみいただけます。



さまざまな知識や感性に触れ、シェアすることを目的に設置したアークヒルズライブラリーのシェアードウォール。
各国の大使館に母国語で自国文化を紹介していただいたり、各種雑誌の編集部にお勧め本を紹介していただいたり、毎月どんどん新しい情報が更新されています。
『ナショナル ジオグラフィック 今月のおススメ本』のコーナーは、毎月ナショジオ編集部の方に交代でお勧め本を紹介いただいています。



グランド ハイアット 東京より、10周年記念を記念して、中国旧正月(春節)期間限定の特別メニューのご案内をいただきました。



1月の“DISCOVERセレクション”   『経営戦略全史』選定 ビジネス史に残る必読の名著

「平河町森タワーに位置すること」「本」という2つの共通点があることから、プレジデント社さんとディスカヴァー・トゥエンティワンさんの“セレクションコーナー”を平河町ライブラリーに設置し、月替りのテーマで書籍をご紹介。今月のテーマは“『経営戦略全史』選定 ビジネス史に残る必読の名著”。ディスカヴァー・トゥエンティワンによる厳選された書籍をお楽しみください。



アークヒルズライブラリーでは、迎春に相応しくレセプションスペースに『書』の軸をかけて皆様をお迎えしています。
書家 前田紅華さんの作品は、“つながる”“学ぶ”というライブラリーのテーマにぴったりで、まさに会員の皆様の志を表現しているようです。



六本木ライブラリーのエントランスショーケースが新年にふさわしい展示に変わりました。テーマは「ふろしき」。100年ほど前につくたれた風呂敷や伝統的な絵柄の風呂敷の展示のほか、伝統的な包み方からインテリアや洋装にも取り入れられる包み方を紹介しています。京都文化研究所風呂敷専門店神宮前「むす美」のアートディレクター山田悦子さんにご協力をいただき、様々な風呂敷と結び方がお楽しみいただけます。2月上旬まで展示予定です。




会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
お問い合せ
アカデミーヒルズのTwitter 最旬情報を発信!つぶやきをみる>>
アカデミーヒルズのFacebbok
会員制ライブラリーとは?