会員制ライブラリー

トピックス 2013年

12月の“PRESIDENTセレクション”   「日本の来し方行く末を考える」

「平河町森タワーに位置すること」 「本」という2つの共通点があることから、プレジデント社さんとディスカヴァー・トゥエンティワンさんの“セレクションコーナー”を平河町ライブラリーに設置し、月替りのテーマで書籍を紹介いただいています。今月のテーマは「日本の来し方行く末を考える」。プレジデント社書籍編集部による厳選された書籍をお楽しみください。



六本木ライブラリーのエントランスショーケースが「不思議のアリス」のテーマにした、『‘ALICE, FOR EVER!’アリスの150年』に変わりました!
普段見ることのできない、サルバドール・ダリの挿絵のほか、草間弥生やマリー・ローランサンなど20人以上のアーティストの作品を紹介しています。12月26日(木)まで。お見逃しなく♪



ライブラリー会員に限定プレゼント!~ナショナル ジオグラフィック創刊125周年~   対象はすべてのライブラリー会員(六本木・アーク・平河町)

息を飲む自然の姿や野生動物の生態、世界の人々の暮らしと文化など、地球の知られざる姿を美しい写真とともに伝える「ナショナル ジオグラフィック」は、今年で創刊125周年。アークヒルズライブラリーのシェアードウォールに、ナショナル ジオグラフィック編集部のおススメ本を毎月ご紹介いただいているご縁で、ライブラリー会員限定のプレゼントをいただきました!



今年もあと僅かになってまいりましたが、メンバーの皆さまはいかがお過ごしでしょうか。 今年もライブラリーをご利用いただきまして、誠にありがとうございました。 街中では、イルミネーションが華やかに輝き、目を楽しませてくれています。 あわただしい年の暮れでありますので、どうぞお身体に気をつけてお過ごしく....



もっと生産的な仕事に時間を使えるのがいいですね   bizメンバーインタビューシリーズ : 永井 孝尚さん

日本IBMにて製品開発マネージャー、マーケティングマネージャー、人材開発責任者をご担当後、今年7月に独立された永井さん。現在は、オフィス永井株式会社の代表取締役として、企業のマネージャー向けにマーケティング、戦略立案力の講演や研修を提供されているほか、多摩大学大学院経営情報研究科にて客員教授としてもご活躍されています。シリーズ50万部のベストセラー『100円のコーラを1000円で売る方法』(中経出版)の著者でもある永井さんに、平河町ライブラリーの活用法をお伺いしました。



グランド ハイアット クリスマスケーキ&ハンバー <六本木・平河町メンバー限定>

グランドハイアット東京より クリスマスにお薦めのケーキやギフトにぴったりのクリスマスハンバーのお知らせをいただきました。



11月の“DISCOVERセレクション”   「クリエイティブシンキングを身につける」

「平河町森タワーに位置すること」「本」という2つの共通点があることから、プレジデント社さんとディスカヴァー・トゥエンティワンさんの“セレクションコーナー”を平河町ライブラリーに設置し、月替りのテーマで書籍をご紹介。今月のテーマは「クリエイティブシンキングを身につける」。ディスカヴァー・トゥエンティワンによる厳選された書籍をお楽しみください。



アークヒルズ 秋のイベント紹介   アークヒルズ周辺の耳寄り情報をお届けする第1弾!

開館から4ヶ月。キャリアアップや資格試験の勉強のためにライブラリーをご利用になっている会員の皆様も、少しずつアークヒルズの街を探検していらっしゃるようです。お気に入りのお店を見つけてブリテンボードに書いてくださる会員も増えてきました。
そんな会員の皆様に、より充実した時間を過ごしていただくため、アークヒルズ周辺の耳寄り情報を紹介していきます。記念すべき第1弾は、アークヒルズで開催される秋のイベント特集です。



六本木、アークヒルズ、または平河町ライブラリーの会員のご紹介で平河町ライブラリーに入会すると、ご入会者だけではなく、ご紹介いただいた会員にもプレゼントがあるお得なキャンペーンを実施しています。ご友人・お知り合いで平河町ライブラリーに興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、この機会をどうぞご利用ください。



アカデミーヒルズライブラリーの棚がTSUTAYA 神谷町店に登場!! ライブラリーアドバイザーが選んだ「これだけは読むべき!」ビジネス書40冊

TSUTAYA神谷町店の一角にライブラリーのアドバイザーの小林麻実が選書した棚が登場しました。
今年7月に出版された“ワンランク上をめざすビジネスパーソンの独習がガイド-アカデミーヒルズの会員制六本木ライブラリーに集まる人は何を読んで学んできるのか?-”から38冊、新たに選書した2冊の合計40冊が紹介されています。



10月の“PRESIDENTセレクション”   「今年はとるのか? とらないのか?」

今週初めにスタートしたノーベル賞ウィーク。毎年この時期になると、村上春樹氏がノーベル文学賞を受賞できるかどうかが話題になります。今月のプレジデントセレクションのタイトルは「今年はとるのか? とらないのか?」。10日に発表予定の文学賞最有力候補といわれている村上春樹氏にちなんだ書籍を、プレジデント社書籍編集部が厳選して紹介します。



 アークヒルズライブラリーの入り口に構えるシェアードウォールの中にある4面のグレーのブリテンボード。その1面に、グローバルな視点で常に最先端の情報を発信しているスタイリッシュな新聞'THE WALL STREET JOURNAL(=WSJ)'のコーナーが登場しました。
WSJってどんな新聞?興味はあるけど・・・難しい?など、疑問を解決してくれる親しみやすいコンテンツが続々登場します。



 アークヒルズライブラリーの特徴である「シェアードウォール」は、世界各国の大使館や雑誌編集部・企業や団体などが持っているバラエティ豊かな情報を皆さんにたくさん'SHARE'していただきたいという思いを込めて、少しずつ変化しているのをご存知でしたか?
 そんな変化を見に訪れてくださる素敵なゲストも多数いらっしゃいます。
 思いがけない出会いもある「シェアードウォール」をきっかけに様々な'SHARE’が誕生しています。



アークヒルズライブラリーの特徴である「シェアードウォール」へ“食”に関する書籍を配架しました。ご提供いただいたのは、アーバンオーガニックラボ(日本文化デザインフォーラム)。料理やアルコールのレシピやテーブルウェアから、食育やオーガニックをテーマにした書籍まで多様な食に関する書籍を配架しました。是非ご覧ください。



投資というと、どこか怪しげで、そういったものには手を出さないほうがよい、と思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、その考え方は安定志向のようで、実はアンバランス。そんな問題提議のもと、今回は、バンガード・インベストメンツ・ジャパン代表の加藤隆氏にライブラリーメンバーを対象に「あらたしいお金の貯め方」について伺いました。投資へのイメージがかわる目からウロコのお話しでした。



今月の“DISCOVERセレクション”   「アカデミーヒルズ ライブラリーアドバイザーの選書」

「平河町森タワーに位置すること」 「本」という2つの共通点があることから、プレジデント社さんとディスカヴァー・トゥエンティワンさんの“セレクションコーナー”を平河町ライブラリーに設置し、月替りのテーマで書籍をご紹介。今月は、DISCOVERセレクション。アカデミーヒルズ ライブラリーアドバイザーの選書を紹介します。



かつては花王株式会社に商品開発担当として在籍しながら、執筆・講演など多くの社外活動を行う「スーパーサラリーマン」の美崎栄一郎氏。同社を退職後も現在も多くのビジネスパーソンに支持される商品開発コンサルタントとしてご活躍の美崎氏から、日々の仕事で大切にしている流儀、必要なマストアイテムとその活用法を教えていただきました。



「集中できるこの環境が、仕事の質の向上につながりました」   bizメンバーインタビューシリーズ : 北岡 大介さん

大学卒業後、労働基準監督官、大学院(労働法・社会保障法専攻)、サービス業大手企業労務担当等を経て平成21年5月、北岡大介社会保険労務士事務所を独立開業された北岡さん。企業に対し労務コンサルティングおよび労基署等の行政対応に係る助言・支援を行うほか、多数の執筆・講演活動も行うなど精力的にご活躍されている北岡さんに、平河町ライブラリーの活用法をお伺いしました。



アークヒルズライブラリーのオープンからもうすぐ2ヶ月。メンバーやゲストとの情報共有や交流を目的として作られた「シェアラウンジ」では、メンバーの皆さんの呼びかけによるイベントも定期的に行われています。その中で今回は、この夏の暑さを吹き飛ばす!様々な'BEER'について語ったワールドカフェ'BEER SHARE'開催の模様をご紹介します。



今月の“PRESIDENTセレクション”   「濃厚極まりない本との対話。思考の愉悦を思い知る」

「平河町森タワーに位置すること」 「本」という2つの共通点があることから、プレジデント社さんとディスカヴァー・トゥエンティワンさんの“セレクションコーナー”を平河町ライブラリーに設置し、月替りのテーマで書籍を紹介いただいています。今月のテーマは「濃厚極まりない本との対話。思考の愉悦を思い知る」。プレジデント社書籍編集部による厳選された書籍をお楽しみください。



ライブラリーメンバーのために本を選び続けた10年間のノウハウが詰まった書籍が発刊! ワンランク上をめざすビジネスパーソンの独習ガイド -アカデミーヒルズの会員制六本木ライブラリーに集まる人は何を読んで学んでいるのか?- -8つのジャンル 60の基本書-

六本木ライブラリーのアドバイザーを務める小林麻美が、この度、開館から10年間、ライブラリーメンバーのために本を選び続けたノウハウが詰まった書籍『ワンランク上をめざすビジネスパーソンの独習ガイド』を発刊しました。



アクセスが便利な、セキュアで自由な作業空間   bizメンバーインタビューシリーズ : 吉田 真也さん

“ITのセレクトショップ”とご自身のお仕事を表現される吉田さんは、ITのよい製品やサービスを見つけ出し、それを求めている企業に紹介したり、企業同士を結びつけたりしていらっしゃるそうです。「世の中でおもしろいもの、とんがったものを作るのはベンチャーが多いんですよ。そういうものを感じてくれる人や企業が仕事の取引先になっています。」と仰います。 出来る限り固定費をかけないワークスタイルは、やりたいと思う仕事にエネルギーを注ぐため、と仰る吉田さんに、平河町ライブラリーをどのように活用されているのか伺いました。



大好評の早朝のスペシャルプログラム“モーニング・リフレッシュ ~Morning Meditation~”。夏のスペシャルプログラムとして、毎回異なる体操を取り入れて、8月1日(木)から8月29日(木)までの全4回で開催いたします。メディテーションの前に体操を行うことで脳への刺激与え、よりメディテーションの効果を高めます。ぜひ、この機会にストレスマネジメントを行って、健康な心と身体を維持するともに、仕事前の心と脳を“リセット”して、集中力と“直観力”を鍛えて一日を始めてはいかがでしょうか?



シェアードウォールができるまで   ~多くの方々にご協力いただきました~

 全長10メートルの「シェアードウォール」は、アークヒルズライブラリーの特徴の1つ。アークヒルズライブラリーのテーマである“SHARE”が生まれる「きっかけ」そして「場」を目指します。この「シェアードウォール」は、ライブラリーのメンバーやアークヒルズエリアに集う人々が情報発信を行う「書棚」と、コミュニケーションを育む「ブリテンボード」の2つから構成されています。今回は、情報発信として書籍をご提供くださった皆様を紹介します。



平河町ライブラリーへの入会をご検討の皆様、平河町ライブラリーをお得に体験するチャンスです!期間中、WEBから見学会にお申込みのうえ、ご来館時いただくと、1日ご利用いただけるトライアルチケットとドリンクの引き換えチケットを進呈致します。期間限定となりますので、ご来館はお早めに。



フルタイムメンバーは、アークヒルズライブラリーも利用可能に   平河町ライブラリーのサービスが更に拡大!

フルタイムメンバーは、7月1日(月)にオープンする「アークヒルズライブラリー」を六本木ライブラリーに加えてご利用いただけます。「永田町」「六本木」、そして「赤坂」。これらの利便性が高い人気エリアに位置する3つのビジネス拠点を有意義に活用し、ワンランク上の、上質でより充実した働く時間をお過ごしください。



レンタルオフィスよりも高い機能性!?   コピー機、電話ブース、他にもこんな用意があります!

「働き方」が多様化している今、平河町ライブラリーは、フリーランスや起業した経営者の方々の仕事の場、キャリアアップのための勉強の場として、様々にご利用いただいています。今回は、そんな都内・都心で活躍するビジネスパーソンご活用いただいているユーティリティスペースをご案内します。



7月1日(月)にアークヒルズに3つめのライブラリーがオープンします。
その紹介を兼ねて、5月25日(土)、毎週土曜日にアークヒルズのカラヤン広場で開催されている“ヒルズマルシェ in アークヒルズ”にアカデミーヒルズライブラリーとしては初出店となる“ブックマルシェ”を出店しました。



月替わりのテーマで書籍を紹介!   「PRESIDENTセレクション」と「Discover 21セレクション」

「平河町森タワーに位置すること」、「本」という2つの共通点があることから、プレジデント社さんとディスカヴァー・トゥエンティワンさんの“セレクションコーナー”を平河町ライブラリーに設置し、月替りのテーマで書籍を紹介していただいています。時代や社会の変化を敏感に察知した出版社ならではのテーマと、厳選された書籍をお楽しみいただけます。



六本木ライブラリーでは、日々書籍に関する業務を「ライブラリアン」が行っています。今回は、六本木、平河町、そして7月にオープンするアークヒルズライブラリーの書籍をつかさどるライブラリアン・結縄さんに、ライブラリアンの仕事について、そして本にまつわる質問にお答えいただきました。



使える!周辺スポット案内 -第8回-   ザ・キャピトルホテル 東急

平河町周辺のおすすめ、かつ、使えるスポットをご案内するシリーズ第8弾。今回の案内先は、6月20日に創業50周年を迎える老舗高級ホテル「ザ・キャピトルホテル 東急」です。



3月のスタート以来ご好評いただいているこのキャンペーンも、期間終了の5月31日(金)まで残りあとわずかとなりました。平河町ライブラリーにご興味をお持ちの方、ご入会を検討されている方は、新しい働き方を無料体験できるチャンスです。この機会を、どうぞお見逃しなく!



ブックマルシェ開催!in ARK HILLS   ~緑と青空に囲まれた、「みどりの読書室」を1日限りでオープンします~

アークヒルズでは、5月4日(土・みどりの日)〜26日(日)の期間、アークヒルズエリアを舞台に、屋外で自然を体感するイベント「ARK HILLS Green Days」を開催しています。 緑が美しい季節、グリーン・スポーツ・カルチャーをテーマに、「緑を楽しむ」さまざまなイベントをお楽しみいただけます。....



7月1日(月)、アークヒルズアーク森ビルウェストウィング37階(港区赤坂)に、3つ目の会員制ライブラリー「アークヒルズライブラリー」が誕生します!!



「森美術館+東京シティビュー パスポート」優待価格のご案内   六本木ヒルズの美術館と展望台を一年間何度でも楽しめる!

六本木ヒルズ森タワー53階の「森美術館」と52階の展望台「東京シティビュー」を、一年間に何度でもご利用いただける「森美術館+東京シティビュー パスポート」。天候に恵まれれば、森タワー屋上「スカイデッキ」にも出られます。このお得なパスポート(通常5,250円/税込)を、ライブラリーメンバーへ、更にお得なスペシャルプライスで販売しています。



『近隣マップ』と『ランチマップ』が新しくなりました!   周辺の施設情報〜飲食情報はじめ、散策にも便利なマップです

『近隣マップ』と『ランチマップ』は、周辺の金融機関や公共施設、コンビニ、書店、ランチのお店など、全部で100を超える施設情報を提供する、散策にも便利な平河町ライブラリーオリジナルのマップです。このたび、最新のより充実した情報をお届けするべくこれらのマップを新しくリニューアルしました。



昨年12月に第1回目を開催し、大好評だったシーズナルパーティー“World Trip”の第2回目を4月18日(木)に開催いたしました。
今回旅した国はトルコ。ギリシャやキプロスなど近隣のヨーロッパ諸国が経済危機に陥る中、トルコ経済は大変好調です。それはなぜか?今回はその疑問を解くべく、トルコ共和国首相府投資促進機関 東京事務所代表をお招きしてお話を伺いました。また、トルコ大使館文化部/ユヌス・エムレ トルコ文化センターのご協力もいただき、トルコの食事や伝統的な踊りについてお話を伺った後、トルコ料理やトルコのお酒、そしてベリーダンスを楽しみました。



手ぶらで皇居ラン!   平河町周辺スポット案内 adidas RUNBASE

知力と体力の両方を備えた人でありたいと考えるビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。平河町森タワー1階にあるadidas RUNBASEは、シャワー、ロッカー、最新のシューズ&ウェアのレンタル、そしてランニング専門スタッフのアドバイス、全てが揃ったランナー専用施設です。新緑の美しい季節に、皇居ランで身体をリフレッシュさせてみませんか。



出版のきっかけは、平河町ライブラリーです。   bizメンバーインタビューシリーズ : 宍戸 徳雄さん

先般「ミャンマー進出ガイドブック」を出版された宍戸徳雄さんは、ミャンマー、上海、香港、台湾、その他ASEAN諸国への数々の企業進出を手がけるスペシャリスト。アジア地域の法制度・判例調査、市場調査などを行いながら日本企業のアジア進出サポートを行なっています。海外と東京を行き来するという忙しい毎日を過ごされている宍戸さんに、平河町ライブラリーをどのように活用されているのかお話を伺いました。



『仕事と人生に効く50冊』<6>   メルマガのパイオニア松山真之助氏の選書をご紹介

平河町ライブラリーで開催したワークショップ「仕事と人生に効く50冊の本」。当日のファシリテーターであり、平河町ライブラリー会員でもある、書籍メルマガのパイオニア松山真之助氏の選書50冊をご紹介するシリーズ最終回。



平河町ライブラリー周辺の“春”ご紹介   ~東京屈指の桜の名所「千鳥ヶ淵」~

平河町ライブラリー周辺は、皇居から近いということもあり都内でも有数の桜の名所が数多く点在します。昨年に引き続き、今年も平河町ライブラリー周辺の桜情報をお届けするべく、歩いて10分ほどのところにある東京屈指の桜の名所「千鳥ヶ淵」へ行ってきました。



ライブラリーアドバイザー小林麻実からの1冊 No.4   ほぼ新刊日記 -日経ウーマンオンラインより- 『死ぬ瞬間の5つの後悔』 ブロニー・ウエア

死にゆく人々に共通する後悔を5つに絞って示した本書のエッセンスが英国の全国紙「THE GUARDIAN」で紹介され、日本でも話題を呼んだのが約1年前。余命わずかな人々への在宅終末ケアで100人以上を看取ってきたオーストラリア人女性が、死と向き合う人々と接することになった経緯や幾多もの人々を看取るという経験、クライアントの家族の対応や自身への影響、現在の自分について、率直な物言いで語っている。



『仕事と人生に効く50冊』<5>   メルマガのパイオニア松山真之助氏の選書をご紹介

平河町ライブラリーで開催したワークショップ「仕事と人生に効く50冊の本」。当日のファシリテーターであり、平河町ライブラリー会員でもある、書籍メルマガのパイオニア松山真之助氏の選書50冊をシリーズでご紹介する5回目。



コストパフォーマンスの高さが魅力的ですね   bizメンバーインタビューシリーズ:安川 定伸さん

安川さんは、UBS証券(当時、長銀ウォークバーグ証券)の投資銀行本部においてM&Aアドバイザリー、資金調達戦略に従事された後、2004年に独立。現在は、M&Aアドバイザリー業務を中心にベンチャーや中小企業を支援する会社、株式会社YPMの代表取締役社長としてご活躍されています。普段、平河町ライブラリーをどのように活用されているのか、安川さんならではの利用スタイルをお尋ねしました。



ライブラリーアドバイザー小林麻実からの1冊 No.3   ほぼ新刊日記 -日経ウーマンオンラインより- 『SALAD 英語版』 村田吉弘

著者は、ミシュラン関西版の初回から4年連続で最高ランクの三つ星を獲得し続けている和食料亭「菊乃井」の三代目主人であり、世界に向けて和食を意欲的に発信し続けている料理人。和食の一品は西洋のメイン料理とは趣が異なるとして「一皿料理はサラダの一種」というコンセプトで、四季折々の料理を具体的な調理法とともに紹介。単なる英訳にとどまらず、海外読者を強く意識したビジュアルの力も強く、アートでありながら実用的でもある料理本。



昨年11~12月に開催し、大好評だった早朝のスペシャルプログラム“モーニング・リフレッシュ ~Morning Meditation~”が4月5日(金)から5月31日(金)までの期間限定で再開します。今回は10分ほど時間を延長し、最大30分間のメディテーションが可能になります。ぜひ、この機会にストレスマネジメントを行って、健康な心と身体を維持するともに、仕事前の心と脳を“リセット”して、集中力と“直観力”を鍛えて一日を始めてはいかがでしょうか?



“春のWキャンペーン” 3月1日~5月31日 期間限定   平河町ライブラリーで、新しい働き方 無料体験!!

新しいことを始める機会が多いこの季節に、Wで特典がつくお得なキャンペーンを実施しています。平河町ライブラリーにご興味をお持ちの方、ご入会を検討されている方、この機会をお見逃しなく!まずは、見学会にお越しください。



ライブラリーアドバイザー小林麻実からの1冊 No.2   ほぼ新刊日記 -日経ウーマンオンラインより- 『オタクの息子に悩んでます』 岡田斗司夫、FREEex

朝日新聞の土曜日別刷り「Be」の人生相談「悩みのるつぼ」で、4週に1度回答者を務める岡田斗司夫。よせられた悩みに対してどう発想・展開・表現して回答ができあがったのかという思考経路を、ツールとして体系化しながら明らかにしたのが本書だ。全12ステージで問題に対する考え方を開示するだけでなく、岡田斗司夫が人生相談の連載とどう向き合い、回答者としてどう変化していったのかも見えてくる。巻末には悩みと回答38組を収めた付録も。



2月22日(金)から、ライブラリーカフェに、スイーツの新メニューが登場します!ドーナツ、マフィン、スティックケーキのそれぞれの味が日替わりでお楽しみいただけます!



『仕事と人生に効く50冊』<4>   メルマガのパイオニア松山真之助氏の選書をご紹介

平河町ライブラリーで開催したワークショップ「仕事と人生に効く50冊の本」。当日のファシリテーターであり、平河町ライブラリー会員でもある、書籍メルマガのパイオニア松山真之助氏の選書50冊をシリーズでご紹介します。



六本木ライブラリーは、約3,000人のメンバーの方に、勉強や趣味、仕事、ネットワークを広げる場など様々な目的でご利用いただいています。今回は、昨年12月26日のダイヤモンド社のビジネス情報サイト「DIAMOND ONLINE」で、オフィスを持たずにアカデミーヒルズ 六本木ライブラリーを仕事の拠点として働いている、新しい企業のスタイルとしてご紹介されたNCデザイン&コンサルティング株式会社の代表取締役 金 成哲さんにお話を伺いました。



大人の社会科見学 第3回/憲政記念館   オトナ視点で憲政の歴史を学びます

皇居や国会議事堂、最高裁判所など、日本の中枢機能の至近に位置する、平河町ライブラリー。その特性を活かして、スタッフが近隣の社会科見学スポットをご紹介します。第3回のスポットは、「憲政記念館」です。



「持たざる経営者」にとり、過不足ない快適な場所   bizメンバーインタビューシリーズ:新城 健一さん

フリーランスのライターを経た後、ゲームのノベライズやiPhoneのアプリ制作・プロデュースなど様々な職務に携わってこられた新城さん。『x to cサービス(xは未知数の意)』をコンセプトに、現在はコンシューマーサービスのコンサルティングやコンテンツ提供を行う会社、株式会社HORBALの取締役としてご活躍されています。「持たざる経営」を理念に掲げる新城さんに、平河町ライブラリーの活用法についてお伺いしました。



ライブラリーアドバイザー小林麻実からの1冊   ほぼ新刊日記 -日経ウーマンオンラインより- 『四〇〇万企業が哭いている』 石塚健司

「破綻寸前の会社に粉飾決算を指南して“金のなる木”に仕立て上げる常習的犯行」として、2011年9月に経営コンサルタントと小さなアパレル会社社長が逮捕された。検察の告発で会社は倒産に追い込まれたが、マスコミは検察からリークされた内容のみで事件を報道。本書で明かされているのは、検察の言い分とは異なる事件の姿。中小企業400万社の7割超が粉飾決算をしている現実を踏まえ、刑事事件における検察のあり方を強烈な筆致で描くノンフィクション。



『仕事と人生に効く50冊』<3>   メルマガのパイオニア松山真之助氏の選書をご紹介

平河町ライブラリーで開催したワークショップ「仕事と人生に効く50冊の本」。当日のファシリテーターであり、平河町ライブラリー会員でもある、書籍メルマガのパイオニア松山真之助氏の選書50冊をシリーズでご紹介します。



2012年最後のイベント「メンバー限定 シーズナルパーティ“World Trip ~オーストリア~”」は、100名以上のメンバーに参加いただき無事終了いたしました。オーストリアの歴史や文化に関するレクチャーの他、グリューワイン、シュトレン、ザッハートルテなど、オーストリアの味を楽しみながらメンバー同士の交流を深める時間を過ごしました。パーティの様子を少しだけご紹介します!



オトナのたしなみ 歌舞伎を楽しんでみませんか?   平河町周辺スポット案内 国立劇場

グローバリゼーションが進む一方で、和の文化への関心が高まっています。中でも歌舞伎は、音楽、舞踏、演出の三要素の集大成というべき総合芸術であり、気張らずに楽しむことができるエンターテインメントとして注目されています。平河町ライブラリーからほど近い国立劇場では初春歌舞伎が公演されています。足を運んでみませんか。




会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
お問い合せ
アカデミーヒルズのTwitter 最旬情報を発信!つぶやきをみる>>
アカデミーヒルズのFacebbok
会員制ライブラリーとは?