オピニオン・記事

「仕事に快楽を」Francfrancをつくった男の仕事哲学

髙島郁夫『遊ばない社員はいらない』出版記念セミナー in 日本元気塾

日本元気塾キャリア・人経営戦略
更新日 : 2011年07月26日 (火)

第8章 「 仕事の成果は、楽しんだ時間で決まる」

髙島郁夫氏(左)井上英明氏(右)

髙島郁夫: 今後のこと、人生、何をしたいかということを聞かせてもらえますか。

井上英明: 「世界一の花屋を絶対つくる!」というのはもちろんあります。それから他にもチャレンジしたいことが。

会社設立から20年経ったとき(2008年)、過去を振り返って気づいたことがあるんです。当初、無店舗で花を配達していた頃、お金持ちの方の家に花を持って行くと、「いい花瓶とかはないの?」と聞かれることがありました。僕は佐賀出身なので、有田焼に当然いいのがあるじゃないですか。代議士の方から若手作家を紹介されたこともあり、有田焼の壺なども売っていました。

イベント企画と花と壺……一見めちゃくちゃな感じがするけれど、「俺がやろうと思ったんだから、何か通じているんじゃないかな」と思って考えてみたんです。そしたら、やっぱり僕は、楽しい時間が好きなんですよ。みんなと遊んでいるとか、おいしいものを食べているとか。だからイベント企画をやったんですね。そして、そういう空間には花があったほうがいいと思ったし、いい器があったほうがいいと思ったんです。

僕はこれまで「Aoyama Flower Market」というリテール・ブランドをつくってきました。そこで本物のノウハウがちゃんと身に付いているなら、ほかのブランドもつくれる、つくれなきゃ偽物だと思っています。だから、ブランド・ブリーディング・カンパニーを目指したいと思っているんです。ゼロからブランドを育てていく店ですね。

トライアスロンの専門店「ATHLONIA(アスロニア)」もそうだけど、マネジメント・ミックスしたいんです。カフェ……という言い方はしたくないんですけれど、花や緑に身を包まれるような空間をつくろうと思って、今、いろいろメニューを考えているところです。飲食に重きを置くのではなく、視覚、触覚、嗅覚といった五感で「いい時間だな」と感じてもらえるような店を世に出してみようと思っています。

髙島郁夫: 今日はあまり出ていなかったけれど、井上さんは、いつも擬態語をいっぱい使って話すんですよ。「ガー」とか「ダー」とか、かなりエネルギッシュ。でも、そういうふうに五感で感じたことを、後でいろいろ考えているんだなということが、今日初めてわかりました(笑)。

井上英明: 最近は「ひょっこり」という言葉をよく使っているみたいです。だから、あまり計画性がないというか、結局、その場その場でやるのが好きなんですよ。髙島さんもそうじゃないですか。

髙島郁夫: 割と出たとこ勝負ってところはありますね。頭で考えても、なかなかうまくいかないから。

井上英明: 考えている暇があったら、やっちゃったほうが早いことが多いですよね。

髙島郁夫: そう、ダーッとね(笑)。

『遊ばない社員はいらない』というテーマでお話ししてきましたが、自分も井上さんも、こうやって遊んでいます。本のサブタイトルにもなっていますが、「仕事の成果は、楽しんだ時間で決まる」——という言葉で、今日は締めたいと思います。井上さん、みなさん、どうもありがとうございました。(終)

Clip to Evernote

関連書籍

遊ばない社員はいらない 仕事の成果は楽し

高島郁夫
ダイヤモンド社


該当講座

「遊ばない社員はいらない」出版記念
~仕事に快楽を~Francfrancを作った男の仕事哲学
髙島郁夫 (株式会社バルス 代表取締役 社長執行役員)
井上英明 (株式会社パーク・コーポレーション 代表取締役)

髙島郁夫(㈱バルス 代表取締役社長)×井上英明(㈱パークコーポレーション代表取締役)
11月11日発売「遊ばない社員はいらない~仕事の成果は、楽しんだ時間で決まる~」(ダイヤモンド社)刊行を記念し、日本元気塾セミナーを開催。髙島氏がバルスの経営を通じて得た独自の経営論はもちろん、いい仕事の根源となる、自分の生活を豊かにするために「もっと本気で遊べ!」という強烈なメッセージを送ります。


日本元気塾 キャリア・人 経営戦略 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事