オピニオン・記事

料理を「花嫁修行」から「趣味」へと変えた ABC Cooking Studio

~創立者が見つけた「食を学ぶ」本当の楽しさとは~

BIZセミナーマーケティング・PR経営戦略キャリア・人
更新日 : 2011年04月12日 (火)

第9章 「趣味としての料理」を日本のカルチャーとして世界に広げる

志村なるみ氏

志村なるみ: 今後のABC Cooking Studioは形態を変えない限り、国内では増やしてもプラス40店舗程度と考えています。現状維持でも大成功。しかし、世界を見渡してみれば、私たちは広く展開できる可能性を持っています。趣味の領域で料理をするという文化は世界に少なく、ABC Cooking Studioは目新しいものとして受け入れられるはずです。マーケティングの目線で見れば、世界中のどこででも、やや富裕層向けの教室として必ず集客できると思っています。

今後、特に狙っていきたいのはアジア市場です。アジアには料理を親から習うという風土があります。そして日本と文化の相違が少なく、日本にあこがれを持つ市場、すなわち日本から来たABC Cooking Studioに価値を感じてくれる市場と言えば、やはりアジアだと思います。現状は体力やスキルがなく、まだそこまで到達していませんが、まずはアジアで、やや豊かな“OL”の皆さんが楽しんで料理を学べるような教室をスタートしていこうと思っています。

田中洋: 「趣味としての料理」は1980年代以降にABC Cooking Studioが作ったカルチャーではないでしょうか。日本のカルチャーは、もはや富士山や着物に代表されるようなものではなく、このような新しいものなのです。こうした視点で見れば、ますます色々な可能性が感じられます。本日はすばらしいお話をありがとうございました。(終)

Clip to Evernote


該当講座

料理を「花嫁修行」から「趣味」へと変えた ABC Cooking Studio

~創業者が見つけた「食を学ぶ」本当の楽しさとは~

料理を「花嫁修行」から「趣味」へと変えた ABC Cooking Studio
志村なるみ (株式会社ABC Holdings 取締役/株式会社ABC Cooking Studio 創立者)
田中洋 (中央大学大学院ビジネススクール 教授 )

志村 なるみ(㈱ABC Holdings 取締役)
田中 洋(中央大学大学院ビジネススクール教授)
成熟市場において新たな価値を提案することでブランディングの成功を果たした企業からゲスト講師をお迎えする2回シリーズ。第1回目の本講座では、ポップなカラーに全面ガラス張りのスタジオに象徴されるABC Cooking Stduio の創立者、志村なるみ氏をお招きします。既にある市場の中で新たな女性向けのビジネスを拡大してきたプロセスについて伺うことで、成熟した市場においてブランドを構築する思考法について学びます。


BIZセミナー マーケティング・PR 経営戦略 キャリア・人 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事