オピニオン・記事

芥川賞作家、楊逸氏が語る

眉間にシワのよらない「異文化の中の常識」という話

ライブラリートーク
更新日 : 2011年03月17日 (木)

第7章 日本の常識は、ほかの国の非常識

楊逸氏

楊逸: 一方、日本は、ある意味ちょっと地味な感じがします。いくらお金を持っていても、金のブレスレットとか金の太いネックレスとか、あまりしないですよね。でも使うときはポンと出して、紳士的に何も言わない。たとえば、中国だとレストランで会計するとき、「私が払う」「いや、私が払う」「私が」「私が」って、両方とも払いたい振りはするけど、財布をなかなか出さないんです(笑)。

日本の文化には、「和」という漢字がぴったりだと思います。日本の王朝はずっと天皇家で、日本人にとっては神様的な存在ですよね。内部での権力闘争はあったかもしれませんが、天皇が変わるたびに、一般庶民まで前の時代のものを壊さなければならないという考え方は一切ないじゃないですか。天皇家と庶民の間にいる武士や将軍の戦いで時代が変わってきているわけです。だから文化は破壊されていないんですね。「私は正当な存在だ」ということを表すことは、ある程度は必要かもしれないけれど、前の時代の文化をすべて否定する必要はない。そこが日本人のすごく賢いところなんですね。

「和」という文化こそ、我々中国人が学ばなければならないものだと、私は今すごく思っています。いくら素晴らしいものを持っていても、時代が変わるとすべて否定され、またマイナスから始めなければならない——なんてことにならないよう、「和」という文化をしっかり勉強する。そして「いかにすばらしい文化をつくり出すか」ではなく、「いかに文化をいい形で伝えていくか」、それが何より大事ではないかと私は思います。

そういう文化的な違いがあって、常識も違ってくるんです。日本の方は、最近よく中国のことを「非常識だ」と言うんですけれど、私はそうは思いません。この世の中、日本人にとっての常識が、ほかの国の人にとっては非常識だったりすることもあるのです。だから文化に対して好きだとか嫌だとか思う前に、「この世の中には自分が持っている常識と異なる常識もあるんだ」「そういう異なる常識は実際に存在しているんだ」ということを認識する必要があるのではないかと私は思います。

最後になりますが、『おいしい中国』というタイトルのエッセイを書きました。読んだら、「なに? 全然おいしくないじゃん」という苦情が来ちゃいそうですが、これはあくまでも、今ここに立っている私がどういう食べ物を食べてきたのかという話です。時代も時代なので、皆さん理解できない生活かもしれませんが、出来たてホヤホヤなので、その温かさだけはおいしいかと思います(笑)。もしよければご覧ください。きょうはどうもありがとうございました。(終)

Clip to Evernote

関連書籍

おいしい中国—「酸甜苦辣」の大陸

楊逸
文藝春秋


アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事