オピニオン・記事

チャイナ・フリー 中国製品なしで暮らす1年間

~今求められる消費者の品格~

BIZセミナーその他
更新日 : 2009年06月04日 (木)

第15章 「恥知らずな生活」を見直そう

坂東眞理子さん
坂東眞理子: 日本は若い人たちがお金を大変自由に使います。若い人たちが高いものを買って、主婦は比較的安いものを買い、値段に敏感な消費者行動をする傾向があります。これはきっとアメリカと違います。アメリカは若い人の方が、お金が自由にならないから安いものを探す。むしろ40代、50代の人の方が経済的にゆとりがあるので高いものを買う傾向がありますね。

サラ・ボンジョルニ: そうだと思います。私が若かったころは「消費者」という意識は全くなかったわけですが、もしかしたら日本でも子どもたちがかなりそういったことを理解したり、意識したりしているのではないですか。アメリカでは若い人たちの方がブランドの名前なども知っているようになっています。私にとっては子どもがブランド名を口にするというのは不思議なのですが。

坂東眞理子: ブランドものの高い服を着て、それを誇るという傾向がありますから、もしかしたら日本の消費者はチャイナフリーの生活ではなく、ブランドフリーの生活をしようと試みる方がいいかもしれませんね。

サラ・ボンジョルニ: 非常にいいアイディアだと思います。

坂東眞理子: 当たり前だと思っていることに「狎れて」しまわない。けものへんの「狎(な)れる」、そういう生活を私たちは送っているような気がします。自分たちの暮らしを見つめ直し、「本当に必要なのかしら?」「本当にこれはいいことなのかしら。これは外国の貧しい人たちからすれば、スキャンダラスな暮らしなのではないだろうか?」ということをもっと考えなければいけないのではないかと思います。

スキャンダラスな生活というのは、恥知らずな生活という意味です。一方で飢え死にするような子がいるのに、消費期限が切れたという理由で食べ物の4 割が捨てられています。ご存知だと思いますが、そういったような暮らしを私たちはやっているわけです。そういうことを考えると、暮らしを見直す、そのための行動をしようというサラさんの呼びかけはとても印象的だなと思いました。

サラ・ボンジョルニ: ありがとうございます。(終)

※この原稿は、2008年7月10日にカデミーヒルズで開催した「チャイナ・フリー 中国製品なしで暮らす1年間~今求められる消費者の品格~」を元に作成したものです。尚、サラ・ボンジョルニのスピーチは英語で行われたため、翻訳しています。

関連書籍

チャイナフリー—中国製品なしの1年間

ボンジョルニ,サラ, 雨宮 寛, 今井 章子
東洋経済新報社

チャイナ・フリー 中国製品なしで暮らす1年間 インデックス

該当講座

チャイナ・フリー 中国製品なしで暮らす1年間
今求められる消費者の品格
Sara Bongiorni (ジャーナリスト)
坂東眞理子 (昭和女子大学学長)
雨宮寛 (コーポレートシチズンシップ代表取締役)
今井章子 (コーポレートシチズンシップ取締役)

中国——この急成長を遂げる屈指の製品輸出国ほど、21世紀のグローバル経済が引き起こす功罪に深く関わっている国はないでしょう。中国製品には、安心・安全、環境問題、格差問題、資源獲得競争、少子高齢化など、世界の多くの国が共有する社会問題が凝縮されているといってもいいでしょう。しかし、私たちはそうした問題....


BIZセミナー その他 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事