オピニオン・記事

グローバル・アジェンダ・シリーズ
2人の起業家に学ぶブレークスルーを生み出す力

個人の思いとつながりから始まる21世紀の地球貢献

ビジネススキルキャリア・人政治・経済・国際グローバル
更新日 : 2013年06月21日 (金)

第9章 ソーシャルビジネスの実際

写真左:石倉 洋子(慶應義塾大学大学院教授)写真中央:中村 俊裕(米国NPOコペルニク共同創業者・CEO)写真右:大澤 亮(㈱Piece to Peace代表)

 
会場からの質問: ソーシャルビジネスの目的の中には、人々の経済的な自立も含まれると思います。最初に援助金をつけた形から、徐々にビジネス化して自立を促していく。コペルニクにもそうしたビジョンはあるのでしょうか?

中村俊裕: もちろん、その形は当初から目指しているものです。実は最近、うれしい事例がありました。ジャワ島の東にある村で、携帯型浄水ストローを普及させるプロジェクトを行っていました。最初は貧困層の人でも買えるよう、定価の7割くらいの価格で販売しました。その後、2年ぐらいかけて徐々に値段を上げていき、最後は市場価格と同じになりました。その間、私たちも色々な形でジョブトレーニングをしていて、最終的に現地の女性たちが小さいながらも会社を設立しました。私たちが離れた今でもうまく回っています。ビジネスや雇用の創出という意味でも、こうしたケースをもっと増やしていきたいと思っています。

ただし、全部のケースで同様のことができるわけではありません。値段を上げたら、結局はお金を持っている人しか買わなくなったというケースもあるので、このあたりのバランスの判断は非常に難しいですね。

会場からの質問: お二人のビジョンを社会に広げていくための今後の展望や抱負があればお伺いしたいのですが。

中村俊裕: まずは、コペルニクという活動できちんと成果を出していくことが最重要だと思います。我々の分野は貧困削減ですが、具体的にどれほど成果が出ているのか、他と比べてどれほど効率的なのか。そのデータを集めて、社会に一つひとつ証明していく。それを繰り返していけば、おのずと世の中のシステムや潮流も、私たちが思い描いている方向に進んでいくと考えています。

大澤亮: 私が日本で活動していて感じるのは、何でもかんでもリスクだと捉えてしまう社会的な空気があり、結果的に起業家が育たなくなっているということ。例えば欧米のように、ある程度のリスクを許容してくれる社会を日本でも実現できるよう、そのための教育やサポート体制が広がっていってほしいと思います。私も、起業を恐れるような風潮が少しでもなくなるように頑張りたいと思います。

また、私としては「チャリティだから買ってください」という営業・販売の仕方は絶対にしたくないのです。一流のデザイナーがこだわり抜いて作った商品を購入して喜んでいただく、その傍らにチャリティもある、というスタンスを大切にしています。Piece to Peaceの事業は、常に新しい消費のあり方、楽しくワクワクするような地球貢献のあり方を提案するものでありたいと考えています。

石倉洋子: お話を伺い、社会的課題を解決する方法は本当に多様になったと感じました。最も印象に残ったのは、自分がやりたいことを人にどんどん話すということ。いかに多くの人に話して、そこからネットワークを広げていくか。つまり、自分のストーリーを語り続ければ、人のつながりが増えていく。その中から、自分たちが見えていなかったリソースが見えはじめ、やがてブレークスルーが生まれていく。自身の経験の積み重ねと、つながりの積み重ね、それが新たな枠組みを生み出す原動力になるということですね。(了)

<気づきポイント>

●起業のコツは、とにかくできる範囲のことから始めてみること
●個人と個人の思いをつなげるのが、21世紀の地球貢献のカタチ
●ストーリーを語り続ければ、つながりとブレークスルーが生まれる


該当講座

2人の起業家に学ぶブレークスルーを生み出す力

~既存の枠組みから飛び出し、たどり着いた地球貢献のかたち~

2人の起業家に学ぶブレークスルーを生み出す力
中村俊裕 (コペルニク共同創設者兼CEO)
大澤亮 (株式会社Piece to Peace 創業者・代表取締役社長)
石倉洋子 (一橋大学名誉教授)

中村 俊裕(米国NPOコペルニク共同創業者・CEO)
大澤 亮(㈱Piece to Peace代表)
石倉 洋子(慶應義塾大学大学院教授)
今回のセミナーでは、過去に伝統的な途上国支援の現場に携わり、そこからブレークスルーを生み出した2人の若き起業家にゲストとしてお越しいただきます。BOPビジネスに熱い視線を送る日本企業との関係や、グローバル人材育成、ファッション大国の日本ができること等にも触れながら、2人のスピーカーを通じて既存の枠組みを超えて活動するために必要な力について考えます。


グローバル・アジェンダ 政治・経済・国際 キャリア・人 ビジネススキル 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事