オピニオン・記事

時代とともに生きる老舗「虎屋」が進化し続ける理由

~虎屋17代当主・黒川光博氏が語る伝統と革新の企業哲学~

BIZセミナーキャリア・人文化経営戦略
更新日 : 2011年12月20日 (火)

第5章 大切なのは「今、オープン、スピード感」

黒川光博氏

黒川光博: :本日は「時代とともに生きる」というお題から、東日本大震災を受けて、今、私が考えていることをお話しさせていただきました。最後に、平素から大切にすべきだと感じている3つのことをご紹介いたします。

まずは「大切なのは今だ」ということです。虎屋に長い歴史があるのは間違いありませんが、それは我々にはどうにもできないことです。極端なことを言えば、私にはあまり関係のないことだと思っています。私がすべきことは、今いらっしゃるお客さまに喜んでいただける菓子をどうやってつくるか、社員に最大限にその力を発揮してもらうにはどうしたらいいか、この会社にいることに満足してもらうためにはどうしたらいいか。そういったことを考え、そのための環境をどう整えるかだと思います。社会の一員として何をしなければいけないかを常に考え、それを実行するということが「今」を考えるうえで大切だと思っています。

2つ目は「何事に対してもオープンであるべきだ」ということです。オープンには、自分の知識や経験を隠すことなく人に伝えるという「アウトプットのオープン」と、自分とは違う考えや意見に積極的に耳を傾け、自分の中に取り込んでいく「インプットのオープン」があり、そのどちらも大切だと思います。自分がオープンな姿勢でいなければ、新しい考え方も新しい風も入ってきません。よく「秘伝の味」とか「何か秘伝はあるのですか?」と聞かれますが、秘伝などというものは全くないと思っています。

3つ目は「常にスピード感を持つ」ということです。物質的な移動も情報の伝達も非常に速くなっているこの世の中で、古い企業が旧態依然とした形でゆっくり動いていたのでは、機を逸してしまうと思います。もしかしたら機を逸してしまったことにすら気づかないかもしれません。今に生きる企業なのですから、絶えずスピード感を持って動きたい、そういうことに気を配っていきたいと思っています。(終)

Clip to Evernote


該当講座

時代とともに生きる

~老舗 虎屋が進化し続ける理由~

時代とともに生きる
黒川光博 (虎屋17代当主 代表取締役社長 )

黒川光博(虎屋17代当主 代表取締役社長)
7月の六本木ヒルズクラブランチョンセミナーでは、虎屋17代当主 代表取締役社長 黒川光博氏に移り変わる時代の中で、伝統を受け継ぎながらも進化し続ける虎屋の考えや価値観についてお話いただきます。


BIZセミナー キャリア・人 文化 経営戦略 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事