オピニオン・記事

勝間和代はなぜ国際貢献に尽力するのか?

身の回り1.5メートルで感じるグローバル・アジェンダ

注目のオピニオン
更新日 : 2010年06月10日 (木)

第8章 あなたも私も、誰でもできる国際貢献:勝間和代の提案

勝間和代氏 アカデミーヒルズ

academyhillsをフォローする 無料メルマガ登録をする

勝間和代: このようにいろいろ考えていくと、日本にもすべて跳ね返ってきますから、もっと私たち、特に若年層が選挙で投票しなければいけないと思っています。私は20代の投票率が70%ぐらいまで上がらないと、なかなか民意は反映されないのではないかと思います。

国連が掲げたミレニアム開発目標の「貧困」についていえば、今、日本の相対的貧困率は15.7%(編注:2009年10月20日厚生労働省発表「相対的貧困率の公表について」)。2008年にOECD(経済協力開発機構)が発表した格差報告書では、加盟カ国中4番目に高い数字でした。

まず、これを10%未満にすること。それから、一人親世帯の相対的貧困率は54.3%ですから(編注:2009年11月13日厚生労働省発表「子どもがいる現役世帯の世帯員の相対的貧困率の公表について」)、これをOECD諸国の平均値である30%未満にすること。こうして国内において貧困を減らしていくことが望まれます。

「ジェンダーの平等」についていえば、女性に対する差別は日本にもあります。管理職に占める女性の割合は、日本では約10%です(編注:総務省発表「労働力調査」2007年)。国連開発計画が発表した最新データ(「人間開発報告書2009」)によると、日本のジェンダー・エンパワーメント指数は、109カ国中57位です。

「社会が社会的弱者に対して配慮がないことが、社会全体の幸福度を引き下げる」と私は考えています。だから、男女差別と貧困差別はほとんど同じです。

「教育」では、GDPに締める公教育の予算は、OECD諸国中ビリから2番目で、3.3%しか使っていません(OECD「図表でみる教育」2009年)。これを5%以上にすることで、貧困家庭も高等教育が受けられるようにするのが目標です。

NPOやNGOの行動源になる寄付金についていえば、日本における個人の寄付金総額はアメリカの100分の1、個人と法人を合わせても30分の1程度です。寄付金控除が弱いというよりも、日本には寄付の文化がないのです。寄付することで政府のライバルをつくる。すなわち、NPO、NGOが寄付金をもとに行動を起こせば、政府の刺激になり、私たちとしても動かない政府を待たずに済むことになります。

結局、私たちは依存し合っているのです。しかし、身の回りの1.5メートルの範囲のことしかわかりません。だから、自分がどうやったら気づけるか、感度を高くして、今起きていることについて、もっと貪欲に五感で考えてほしいのです。

日本は国としての信用度が高い。外国人の方たちは期待しているのです。ですから日本というブランドを活かして、もっともっと世界で国際貢献すべきです。

その第一歩として、グローバルに考えて身近な行動を変えてみましょう。皆さんができること、何でもいいのです。例えば「Chabo!」の本を買っていただくというのは手前味噌になりますが、その一歩にもなります。

先ほどお話した「ミレニアム・ビレッジ」という活動については、「ミレニアム・プロミス・ジャパン」も立ち上がっていて、個人のボランティアや支援者を募集しています。

(アカデミーヒルズの「グローバル・アジェンダ・ゼミナール」講師の)石倉洋子先生の授業を聞いて、グローバル・アジェンダをもっと身近に感じて、ダボス会議に将来的に出席するということもできます。

あるいは皆さんが企業にお勤めでしたら、どうすればこのような社会貢献、あるいは貧困対策になるような製品・サービスがつくれるのか、ディベロップメントから考えるということもできます。

私たちができることをできる範囲でやっていくと、意外と大きく山が動いてきますので、まずは身近なことからやってみようじゃないかというのが、私の提案です。身の回り1.5メートルの範囲内に“国際貢献”というのを入れてみてください。きょうの参加費も、実費を差し引いたあとの20%が「Chabo!」に寄付いただけるそうなので、大事に使わせていただきます。(終)

記事をシェアする

Twitterでつぶやく

Twitterでつぶやく

記事のタイトルとURLが表示されます。
(Twitterへのログインが必要です)


メールで教える

メールで教える

メールソフトが起動し、件名にタイトル、本文にURLが表示されます。



ブログを書く

ブログに書く

この記事のURLはこちら。
http://www.academyhills.com/note/opinion/10040708GasKatsuma.html



該当講座

勝間和代はなぜ国際貢献に尽力するのか?
勝間和代 (経済評論家、公認会計士)

勝間 和代(経済評論家、公認会計士)
経済評論家として、またビジネス書のベストセラー著者としてご活躍されている勝間氏。最近の活動として注目されているアフリカやスリランカへの国際支援の取組みについてお伺いします。
勝間氏にとって今一番ホットな国際貢献について直接お話いただく貴重なセミナーとなります。是非この機会をご利用下さい。


グローバル・アジェンダ 政治・経済・国際 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事