オピニオン・記事

本当にエコカーは環境負荷を低減するのか。生き残るエコカーの条件とは?

『日経エコロジー』提携講座:過熱するエコカー市場の真相

更新日 : 2010年05月13日 (木)

第9章 環境精神論だけでは、日本に電気自動車は普及しない

木野龍逸氏

academyhillsをフォローする 無料メルマガ登録をする

木野龍逸: 電気自動車は、先ほど述べたように現状ではあまり使い勝手のいい車ではないので、普及のためには行政の補助や政策が必要です。市民の意識といったボトムアップだけでは、簡単に普及するものではないと私は思っています。

環境負荷が下がっても、「電気自動車で生活がすごく便利になったり、電気自動車がすごく楽しいものだったりするのか?」と問われると、一般的には、多分そうではありません。急にライフスタイルを「変えろ」と言われても、簡単に変えられるものではないので、インセンティブを設けながらやっていかないと、そう簡単にものが入れ替わるということにはならないと思います。

そういう意味では、周辺のビジネスや社会システムの変革、創造を含めてやっていかないといけません。日本は、物があふれていて、しかも車が便利に使える社会ですから、転換していくには、精神論だけでは難しいと思います。「プラス何か」というのが、普及の必須条件だと思います。

メーカーの技術者に聞くと、「トップダウンであれ何であれ、状況、方針が固まれば、僕たちはやりますよ」と複数の人が言います。自動車メーカーがなかなか一歩を踏み出せないのは、もちろんメーカーの方針もあるのですが、国としての方針がはっきりしないからです。

現場の技術者はフラストレーションを感じているようでした。彼らの中には危機意識もあるし、もちろんやる気もある。それに加えて技術もあるので、社会の形がちゃんと整えば、できないものではないと思います。

先ほど紹介したテスラ・モーターズは、グリーン・ニュー・ディールの一環で、500億円ほどの低利融資を受けています。ほかにも、プラグインハイブリッド車を量産するといっているフィスカー・オートモーティブというカリフォルニア州にあるベンチャーなど、申請をしている電気関係のベンチャーがいくつかあるようです。

日本はうかうかしていられないと思います。そういう意味では、鳩山政権が「CO2を25%削減」という方針を出したのは、とても大きなバックアップになると思います。これで動きが加速するのではないかと、個人的には期待しています。(終)

記事をシェアする

Twitterでつぶやく

Twitterでつぶやく

記事のタイトルとURLが表示されます。
(Twitterへのログインが必要です)


メールで教える

メールで教える

メールソフトが起動し、件名にタイトル、本文にURLが表示されます。



ブログを書く

ブログに書く

この記事のURLはこちら。
http://www.academyhills.com/note/opinion/10030309EcoCar.html



該当講座

過熱するエコカー市場の真相

~本当にエコカーは環境負荷を低減するのか。5年後に生き残るエコカーの条件とは~

過熱するエコカー市場の真相
木野龍逸 (フリーランス ライター兼カメラマン )

木野 龍逸(フリーランス ジャーナリスト・カメラマン)
いま、エコカーが注目されています。トヨタやホンダのハイブリッドカーが市場を席巻し、三菱自動車、富士重工、日産自動車が電気自動車を発表するなど、各社がしのぎを削る中、政府もエコカー減税を実施してバックアップします。
多岐に渡る環境対応車の「いま」と今後のエコカー市場の展望について木野氏が解説します。


BIZセミナー 環境 政治・経済・国際 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事