石倉洋子のグローバル・ゼミ

2014年の活動レポート 

人生にポジティブな変革を! ~Global Agenda Seminar 卒業生が集合~

2010年から始まった石倉洋子のグローバル・ゼミ(Global Agenda Seminar/GAS)は2013年のプログラムを終え、修了生は140名を超えるネットワークへと成長しました。年明けの1月12日(日)にアカデミーヒルズで開催された同窓会では、三連休の中日にも関わらず、地方から駆け付けた方も含め、多くのアラムナイが参加し、横のネットワークを広げました。



グローバルが選択肢ではなく必然となったいま「一歩を踏み出す」 ~Global Agenda Seminar 2014募集中!無料説明会も~

グローバル人材教育への関心の高まりを受けて、昨年は定員に対して2.5倍以上のエントリーをいただいたGlobal Agenda Seminar(GAS)。今年も4期目となるGAS2014を6月に開講します。6か月のプログラムでは「世界的視野で考える力」、「英語で議論する力」、「戦略的に提言する力」を身につけることを目指します。問題意識の高い他の参加者たちとともにあなたも一歩を踏み出してみませんか。



英語は永遠のハードル!?いえ、努力で越えられます! ~Global Agenda Seminarで必要とされる英語力とは~

現在、受講生募集中のGlobal Agenda Seminar(GAS)2014。6か月のプログラムで身につける力の一つに「英語で議論する力」があります。説明会でもよくご質問をいただくのが、求められる英語力のレベルについてです。そこで本レポートでは、これまでのGAS参加者の英語力や、英語で行うセッションの様子をご紹介します。

                               



もうすぐ開講するGlobal Agenda Seminar(GAS)2014。今年も多様なバックグラウンドを持つ意欲的なゼミ生がGASメンバーの仲間入りをします。
GASは昨年までの卒業生が合計約140名になり、行動力のある意識の高いメンバーたちが期を越えてともに活動するなど、新たなネットワークを形成しています。
これまでのアラムナイはどのような人々なのでしょう?



「英語を勉強する」のではなく、「英語で議論し、世界的な視野で考えて提言を行う」 石倉洋子のグローバル・ゼミ(Global Agenda Seminar)2014の第1回を開催!

Global Agenda Seminar(GAS)2014が6月29日に開講しました!緊張の面持ちで集まったゼミ生たち。第1回のゲストとして黒川清氏をお迎えし、世界を巡る動きについてお話いただきました。



英語でレポートを書く力、議論する力を身につける 石倉洋子のグローバル・ゼミ(Global Agenda Seminar)2014の第2回レポート!

Global Agenda Seminar(GAS)2014の2回目セッションが7月26日に開催されました。今回は石倉洋子氏による英語でのライティングやディスカッションスキルに関する講義と実践に移すためのディベートを行いました。 グローバルに必要とされるスキルを石倉氏はどのように伝授したのでしょうか?そしてチーム対抗で行われたディベートの様子は?レポートでご紹介します!



インドビジネスがいま熱い!日本企業はインドでどう展開していくべきか? 石倉洋子のグローバル・ゼミ(Global Agenda Seminar)2014の第3回の様子は?

Global Agenda Seminar(GAS)2014、3回目セッションではインドビジネスをテーマにゲストをお迎えして行いました。ちょうどセッションの直前に、インドのモディ首相が来日して安倍総理と会談するなど、日本とインドのビジネスについて連日報道されていた時期と重なり、注目のホットトピックとなりました。各グループが提案した日本企業のインドでの展開とは、どんなものだったのでしょうか?



音楽は国境を越えるか?音楽とビジネスの関係は? 世界で活躍する作曲家の視点!Global Agenda Seminar 2014第4回目セッション

4回目セッションのテーマは「音楽」。GASでも初めて扱うテーマですが、ビジネスパーソンにとっても珍しい話題となりました。ゲストは作曲家の藤倉大氏。世界中から曲作りを依頼される新進気鋭の作曲家はどんなことを考えているのか?そのお話に受講生、そして講師の石倉洋子氏は引き込まれ、興味は尽きるどころか深まるばかり。さて、気になるその内容は?



世界に日本のファンを増やせ!「和食」を海外に広げるにはどうしたら良いか? ~Global Agenda Seminar × 新渡戸国際塾 コラボイベントレポート~

六本木に拠点を構える知的ハブであるアカデミーヒルズと国際文化会館は今年7月にコラボレーションをスタートさせました。その具体的なプロジェクトの一つとして、Global Agenda Seminarと新渡戸国際塾の共同企画イベントが実現しました。今年の"Innovative City Forum"の同時開催プログラムとして行われた共同セッションではどのような議論がされたのでしょうか?内容をレポートします。



日本を海外に向けてより良く効果的にPRする方法とは? プレゼンテーションの第一人者によるプレゼンをライブで Global Agenda Seminar 2014 第5回目セッション

文字がぎっしりと詰め込まれたPowerPointのスライド。複雑で味気ないグラフを見せられ、メリハリのないプレゼンターの言葉を聞いているうちに、つい居眠りを誘われてしまう・・ということが珍しくなかったこれまでのプレゼンテーション。それを世界で一変させたのは、ガー・レイノルズ・関西外国語大学教授です。....



今年の6月にスタートした「石倉洋子のグローバル・ゼミ 第4期」も12月7日が最終講義(第6回)となりました。課題は「日本の起業率を上げるためにはどうしたら良いのか?」です。4つのグループに分かれ、1カ月間課題に取り組みました。その成果は???
そして、石倉洋子先生からゼミ生の皆さんへ、はなむけの言葉で講義の締めくくられました。




Global Agenda SeminarのFacebbokページ