石倉洋子のグローバル・ゼミ

2013年の活動レポート 

各方面で活躍する修了生のご紹介 ~石倉洋子のGlobal Agenda Seminar 2013 受講生募集中~

現在、2013年6月に開講するプログラムのゼミ生を募集している石倉洋子のグローバル・ゼミ(Global Agenda Seminar/GAS)。修了生の中にはGASを経て、新たなキャリアに向けて踏み出した方々がいらっしゃいます。今回のレポートでは、そんな新境地を開拓したお二人の修了生をご紹介します。



いつも新しいことを! 180日間でグローバル人材になる! [Global Agenda Seminar 2013]始動

「子どもの頃から新しいことが好き。自分のキャリアも、新しいかどうかで選んできた。2010年から始めたこのグローバル・ゼミナール(以下、GAS)でも、毎回新しい試みを行っています。今年もやりますよ」 冒頭のご挨拶からエネルギッシュなのは、石倉洋子・慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授。 いよ....



Global Agenda Seminar 修了生がルース・アメリカ大使とのTown Hallに参加! ~日米関係、リーダーシップ、地方再生からカラオケまで幅広く英語で対話~

英語で自分の考えを戦略的に発信するトレーニングを受けた石倉洋子のグローバル・ゼミ(Global Agenda Seminar/GAS)修了生は、あらゆる機会でそのスキルを生かして活動しています。今回のレポートでは、アメリカ大使館が主催したジョン・ルース大使との英語での対話イベントにGAS修了生が参加した模様をご紹介します。



グローバル人材に必要な基礎能力を身につける [Global Agenda Seminar 2013]開催レポート

グローバル・ゼミナール(GAS)の第二回は、「安心の入門編」と銘打ち、グローバル人材に必要な基礎能力のトレーニングを行いました。 まず、石倉洋子・慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授が、最近参加した3つの国際会議をどのように活用したかという事例を話されました。 3つの国際会議とは、ミャンマ....



日本にジャーナリズムは存在するのか? グローバルな視点で議論した、[Global Agenda Seminar 2013]開催レポート

日本で生活していると当然に思っていることも、実は、海外から見てみると、異なったように見えることがあります。 マスメディアやジャーナリズムのあり方もそのひとつ。 第3回目のグローバル・ゼミナール(GAS)では、米カリフォルニアで活動なさっていたジャーナリストの牧野洋氏をお迎えし、「変化するメディアとジ....



グローバルな問題を解決するには、投資家の視点も必要 グローバルの視点で考え議論する [Global Agenda Seminar 2013] 開催レポート

グローバル・ゼミ(以下、GAS)第4回となるゲストスピーカーは、あすかアセットマネジメント代表取締役の谷家衛氏にお越しいただきました。1987年という外資系証券会社の黎明期にソロモン・ブラザーズに入社し、トレーダーとして活躍。以来、金融界での成功を重ねてきた投資家です。日本初のネット保険会社であるラ....



宇宙的視座で考える グローバルの視点で考え議論する [Global Agenda Seminar 2013] 開催レポート

地球規模の視座を持ち、さまざまな問題をグローバルに考え、提言していくことを目的とするグローバル・ゼミ(GAS)。5回目のセッションでは、地球を越えて、宇宙開発の問題まで英語でディスカッションをすることとなりました。 本テーマについてお話頂いたゲスト講師は、日本人女性初の宇宙飛行士・向井千秋氏。現在....



修了課題のテーマは、社会を良くするための実行可能なプラン 最終回を迎えた [Global Agenda Seminar 2013] 開催レポート

ついに、最終回を迎えたグローバル・ゼミナール 2013(以下、GAS)。 ゼミ生たちは半年間、事務局側より指示されたチームごとに「2014年に実行可能な、社会を良くするためのプラン」を作成してきました。この修了課題のプレゼンテーションを行い、自分たち自身で最優秀チームを決めるというのが、最後のセッ....




Global Agenda SeminarのFacebbokページ