石倉洋子のグローバル・ゼミ

2012年の活動レポート 

「世界の中の日本」を理解し、戦略的に発信する 第1ターム募集中・11/22無料相談会実施!グローバル・アジェンダ・ゼミナール2012

世界規模で活躍する人材の育成が急務となっている中、アカデミーヒルズでは「グローバル人材」の第一人者である石倉洋子氏がファシリテーターを務める3ヵ月集中プログラム、グローバル・アジェンダ・ゼミナールを2012年1月に開講します。プログラムはテーマ別に第1タームから第3タームまで構成され、現在、第1タームの受講生を募集中です。本プログラムの魅力をご紹介しつつ、無料相談会のご案内をします。



グローバル・アジェンダ・ゼミナール2012募集締切り間際! ~2010年開催時に参加したゼミ生のコメントをご紹介~

「世界の中の日本」というテーマで第1タームの受講生を募集している石倉洋子のグローバル・アジェンダ・ゼミナール2012。いよいよ11月30日の応募締切が迫ってまいりました。今回は、2010年に開催したときにご参加いただいたゼミ生の方々のコメントをご紹介いたします。



1stタームが和やかにスタート! グローバル・アジェンダ・ゼミナール2012

2010年、1年間にわたって開催された「グローバル・アジェンダ・ゼミナール」。 世界で活躍する様々なゲスト講師を迎え、全て英語で実施されたこのセミナーは、その内容の充実度によって、大きな反響を呼んできました。 2012年1月14日(土)、装いも新たに「グローバル・アジェンダ・ゼミナール2012」が....



Take a position! (立場をはっきりさせて!) 第1ターム2回目のセッションはTPP問題を英語で議論

日本のTPP(Trans-Pacific Partnership)への参加については、国内で大変大きな話題となってきました。マスメディアで取り上げられ、政策の論点となり・・・ あなたはどう考えていますか? と訊ねられても、多様な影響のあるこの問題について、即答できる人は少ないのではないでしょうか。 ....



世界の食料問題を考える 第2ターム募集中・3/12無料説明会実施!グローバル・アジェンダ・ゼミナール2012

世界規模で活躍する人材の育成が急務となっている中、アカデミーヒルズでは「グローバル人材」の第一人者である石倉洋子氏がファシリテーターを務める3ヵ月集中プログラム、グローバル・アジェンダ・ゼミナール第2タームを2012年5月に開講します。3月に第1タームを終了し、現在、第2タームの受講生を募集中です。本プログラムの魅力をスタッフの視点からご紹介します。



世界の食料問題を考える 〜GAS第2ターム開講:グローバル人材を目指す、22名が参加〜

日頃の仕事や生活を離れ、世界的な視点からの議論を行い、戦略的に提言を行っていく「グローバル・アジェンダ・ゼミナール(GAS)」。 2012年5月から開始された第2タームは、グローバル人材を目指す22名の参加者を迎え、食料問題をテーマとして開講されました。 ファシリテータは、石倉洋子・慶応義塾大学....



グローバル・アジェンダ・ゼミナールの第1タームがフィナーレ 〜世界政治における日本の強み、弱みを広い視野から俯瞰し、取るべきアクションを提言〜

「石倉洋子のグローバル・アジェンダ・ゼミナール(以下、GAS)」の第1タームがフィナーレを迎えました。 毎回3時間も、英語でディスカッションできるだろうか…? しかも、ふだんの仕事とは関係のないグローバル・アジェンダを題材にするなんて? ゼミナールの開講前にはそのような不安を持たれた方もいらっし....



「英語はプラクティス、そしてアウトプットの量で上達する」 第2ターム4/13締切間近!グローバル・アジェンダ・ゼミナール2012 参加者インタビュー

現在、ゼミ生募集中のグローバル・アジェンダ・ゼミナール2012年第2ターム。今回のレポートでは、第1タームを受講した林恭子さんのインタビューをお届けします。今まで学校で習う以外はご自身で英語学習に取り組んだことのなかった林さん。英語に自信が無かった彼女がグローバル・アジェンダ・ゼミナールに参加して英語についての「不安」をどのように払拭させていったのかを伺いました。ツールとしての英語を使うために必要なマインドセットを知りたい方、必見です。



ダボス会議を主催するワールド・エコノミック・フォーラム(WEF)による「東アジア会議」でモデレータを務め、当日の早朝バンコクから帰国したばかりの石倉洋子・慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授。 第2回目を迎えた「グローバル・アジェンダ・ゼミナール2012 第2ターム」は、文字どおり世界の第....



「何でもやってみる」、「ヒトが一番大切」、「言葉ではなく、行動で示す」 グローバル・アジェンダ・ゼミナール2012 メイン・ファシリテーター 石倉洋子氏の素顔

2012年の最終タームの募集を開始したグローバル・アジェンダ・ゼミナール(GAS)。本レポートでは、2010年から始まったGASのメイン・ファシリテーターを務める石倉洋子氏の人柄に迫ります。華やかな経歴を持ち、世界を舞台に活躍する石倉氏は一見すると雲の上の遠い存在に感じられますが、その素顔は気さくに誰とでも同じ目線で話し、チャーミングな一面も。常に新しいことにチャレンジし、何事にも常に真摯に取り組む彼女の活力の源は「好奇心」と「誰にでも学ぶ姿勢」にありました。



最終回を迎えた [グローバル・アジェンダ・ゼミナール 2012] 第2タームは、各参加者が提出した修了レポートを基に、英語で活発なディスカッションを行ないました。 テーマは「世界の食料問題の解決を志向しながら、食品関連企業(もしくは自分が勤務する企業)のビジネスを拡大するために、何ができるかを提案....



環境とビジネスを両立させる [Global Agenda Seminar 2012]開催レポート

[グローバル・アジェンダ・ゼミナール 2012] のラストを飾る第3タームが、9月7日(土)に始まりました。 厳しい選考を経て参加することになったゼミ生は18名。 いずれも、グローバル・アジェンダを英語で議論し、ロジカルに解決策を提言していく気概にあふれています。 まずは、ファシリテータであ....



FITビジネスは成り立つか? [Global Agenda Seminar 2012]開催レポート

FITー電力等の固定買取制度ーをご存じですか? 太陽光や風力による発電等の普及のために、それらによって作られたエネルギーの買取価格を保証するものです。 このFITについて、「FITビジネスは成り立つか? その功罪を両方挙げて下さい」というのが、[グローバル・アジェンダ・ゼミナール2012] 第3タ....



2012年11月13日付日本経済新聞の朝刊に「国内で鍛える英語交渉力 - グローバル人材を養成」という見出しで、大きく取り上げられた"グローバル・アジェンダ・ゼミナール(以下 GAS)"。 日本では稀有なGASの価値に、マスメディアの注目も高まっています。 その記事の取材が行われたのは、今回レポー....



グローバル・アジェンダ・ゼミナールでの学びを発展させていくネットワークが発足! ~2010と2012の修了生たち同士で英語でディスカッションをしました~

11月4日の第3タームの最終セッションをもって2012年のセッションを全て終えたグローバル・アジェンダ・ゼミナール(GAS)。2010年と2012年のゼミ修了生を合わせて100名を超えるネットワークに発展しました。世界規模の課題(Global Agenda)に関心を持ち、英語で議論し、解決策を模索し、英語で発信するグローバル・リーダーたちのネットワークをつなげるべく開催されたのが2012年11月25日のGAS同窓会です。




Global Agenda SeminarのFacebbokページ