オピニオン・記事
活動レポート

2016年 新年のご挨拶
~チャンスを活かし、行動に結びつける~

- アカデミーヒルズ理事長・竹中平蔵 -

更新日 : 2016年01月04日 (月)

新年のごあいさつ



「チャンスは貯金できない」

米国の元国務長官、ヘンリー・キッシンジャーの言葉です。
私は、2016年のキーワードとして、この言葉を選びました。

2020年のオリンピック・パラリンピックの東京開催が決まって1年4カ月。
開催まで確実に時間は過ぎていきます。4年後に向けて、「今しかできない事」、「今やるべき事」をタイミングを逃さず、その時に行うことが大切です。そのタイミング(チャンス)は二度と訪れません。
また、AIやIoT、そして再生医療などの技術革新は加速しており「時」は待ってくれません。

一方で、変化も少しずつ具現化しています。
インバウンド消費を中心に国内需要も伸びており、日本の株価はこの3年で2倍近くになりました。
また、国家戦略特区を活用しての38年ぶりの「医学部の新設」や、「外国人家事支援人材の活用」など、確実に行動・結果に結びついています。

この変化を加速させて、2020年に向けて、東京そして日本を飛躍させるチャンスを活かすことが大切です。既にカウントダウンは始まっています。そのチャンスは「今」しかありません。

チャンスを掴むために、私たち、一人ひとりが行動することです。
この動きをここ、六本木ヒルズ、アカデミーヒルズから、皆さんとともに起こしたいと考えています。

セミナー情報

■チーム・ポリシーウォッチ「アベノミクス第2ステージの虚実」
日時:2016年1月30日(土) 19:00~21:00
会場:虎ノ門ヒルズフォーラム
司会:竹中平蔵(アカデミーヒルズ理事長/慶應義塾大学教授)

アベノミクス第2ステージの虚実
アベノミクス第2ステージの虚実

第2ステージに入ったアベノミクス、新・三本の矢で本当に日本経済を再生できるのか、2016年の世界経済や金融市場はどう推移するか、2017年の消費税再増税は予定どおり行なうべきか等について、ポリシーウォッチのメンバーで議論します。
司会:竹中平蔵 スピーカー:冨山和彦、ロバート・フェルドマン、野村修也、松原聡、宮脇淳、岸博幸 他



アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事