オピニオン・記事
活動レポート

強い組織を作るには?
スポーツコーチ×エグゼクティブコーチ

RoppongiBIZ開催講座

BIZセミナー

アカデミーヒルズ スタッフの活動レポート
開催日    :2011年7月5日(火)
タイトル    :コーチ・エィ鈴木義幸のリーダーシップ シリーズ第1回
         強い組織を作る~徹底的に考えさせるリーダーシップ~
ゲスト講師 :中竹竜二 (㈶日本ラグビーフットボール協会 コーチング・ディレクター)
モデレーター:鈴木義幸((㈱コーチ・エィ 取締役社長)
文・写真/中村

リーダーシップは、ビジネスパーソンにとって日頃から関心の高いテーマですが、東日本大震災を経て、国、企業、家族など様々な規模や組織で改めてリーダーのあり方について考える機会が多かったのではないでしょうか。

RoppongiBIZでは7月5日に「コーチ・エイ鈴木義幸のリーダーシップシリーズ」第1回を開催しました。
 
アカデミーヒルズ 六本木スクールセミナー:鈴木氏
満席の会場


モデレーター 鈴木義幸氏
テーマは「強い組織を作る」。モデレーターはコーチ・エイの鈴木義幸氏、ゲストに㈶日本フットボール協会コーチングディレクターの中竹竜二氏をお迎えしました。

鈴木氏はエグゼクティブコーチとしての数多くの経営者や管理職のコーチングをされています。過去にはアメリカの刑務所でセラピストとしてお仕事をされたご経験も!
組織が強くなる為には、徹底的に考えさせること、そして考えさせ続けることが重要。リーダーはつい華麗に答えを与えてしまいたくなるものですが、それは相手の思考をストップさせてしまうことになる。リーダーは適切な問いを与え続けなければならない。「答えを与えないリーダーシップ」についてお話頂きました。


ゲスト講師 中竹竜二氏
中竹氏は、学生時代は3年まで補欠という前例のない早稲田大学ラグビー部キャプテン。監督経験ゼロから名門早稲田の監督になり、学生からはつけられたあだ名は「日本一オーラのない監督」。しかし、就任2年目から2度の優勝に導きます。
中竹氏は、これまでキャプテンや監督など経験や専門性がない状態で突然リーダーの立場になりましたが、知識や経験ではなくマネジメントによって結果を出されてきました。自分よりもその分野のスキルや情報、知識を持つ組織の中で結果を出すにはリーダーとしてどうしたらよいのか?リーダーとして何を大切に考え、実行してきたのかお話頂きました。

リーダーシップシリーズは第2回9月7日(水)、第3回10月18日(火)に開催を予定しております。
自分の組織を強くしたい、リーダーシップを身につけたいと思ったら、「考え続けること」が重要です。
継続して考える機会に、ぜひセミナーを活用してみてはいかがでしょうか。
ご参加お待ちしております。

【リーダーシップシリーズ趣旨】
本シリーズは、リーダーの人材育成、組織作り、リーダーシップなどをテーマに、これまで数多くの経営者にエグゼクティブコーチを行ってきた鈴木義幸氏がモデレーターを務め、毎回異なるゲストをお迎えするセミナーです。全3回開催予定。


該当講座

強い組織を作る

~徹底的に考えさせるリーダーシップ~

強い組織を作る
中竹竜二 (U20ラグビー日本代表監督 / 日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター)
鈴木義幸 (コーチ・エィ 取締役社長  チーフエグゼクティブコーチ 国際コーチ連盟マスター認定コーチ)

中竹竜二(財団法人日本ラグビーフットボール協会 コーチング・ディレクター)
鈴木義幸 (コーチ・エィ 取締役社長) 
自ら考え、行動に移すことの出来る人材をどうすれば育成できるのか。強い組織を作るためのリーダーシップとは?早稲田大学ラクビー部を2度の大学チャンピオンに導いた中竹氏とエグゼクティブコーチの鈴木氏が対談します。


BIZセミナー ビジネススキル キャリア・人 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事