オピニオン・記事
活動レポート

仕事ができる人は持っている!「会計力」と「戦略思考力」

RoppongiBIZ講座紹介

BIZセミナー

アカデミーヒルズ スタッフの活動レポート
開催日:2011年2月5日(土)
タイトル:一日で学ぶ 会計力と戦略思考力 演習講座
講師:大津広一(株式会社オオツ・インターナショナル 代表)
文・写真/中村

『会計』-社会人必須の知識とわかっていても、なんとなく苦手…難しそう…とついつい今まで避けて来てしまった方も多いのではないでしょうか。
そんな方にお勧めなのが、RoppongiBIZ人気講座の『一日で学ぶ会計力と戦略思考力演習講座』
です。今回は2月5日に開催した、講座の様子をお知らせします。

アカデミーヒルズ 六本木スクールセミナー:大津氏
会場の様子

一日で学ぶ会計力と戦略思考力演習講座は、週末の10:00~17:00で開催しています。今回も貴重なお休み丸一日を勉強に充てる熱心な参加者で教室はいっぱいになりました。


講師の大津広一氏
講座タイトルでもある「会計力」とは会計の数値を読み解く力、そして「戦略思考力」とは企業活動・経営戦略を考察する力、どちらもビジネスの現場で必要不可欠なスキルです。会計の数字から企業活動を読み解いて戦略を立てるヒントを学んでいきます。

約6時間の講座ですが、演習を交えながらの講義はあっという間。損益計算書の基本構造を読むところから始まり、業界別の違いや貸借対照表の基本法則、キャッシュフロー読み解き方--最終的には企業名から決算書を推測したり、逆に決算書からその企業を推測したり出来るようになります。
講義が終わるころには気が付けば8~9社もの決算書を読んでいますが、みなさんもっと色々な会社の決算書を見てみたい!という気持ちになってくるそうです。


グループでの演習
大津氏は、会計を苦手と感じるのは「会計」=会計用語を暗記しなければいけない、会計のルールを理解しなければいけないという固定観念にあるといいます。
その固定観念に縛られず、会計は生活に身近であることに気付き、興味をもって身の回りで起きていることに応用していくこと、それによって学習した会計スキル自分のものにしていくことが出来るそうです。

「一日で学ぶ会計力と戦略思考力演習講座」は、次回は夏頃を予定していますが、その前に同じく大津氏が講師を勤める、『4時間で身につける英語力と会計力 入門講座』を3月12日(土)に開催します。こちらの講座は、グローバル社会において必須の「英語」と「会計」を同時に学び、講義は全て英語で行われます。

講座詳細ページ『4時間で身につける英語力と会計力 入門講座』
早くも残席わずかになっていますので、興味のある方はぜひお早めに!

該当講座

一日で学ぶ 会計力と戦略思考力 演習講座

企業の数字と戦略を結びつけるプロセスを身につける

一日で学ぶ 会計力と戦略思考力 演習講座
大津広一 (株式会社オオツ・インターナショナル代表取締役 早稲田大学ビジネススクール客員教授)

大津 広一(株式会社オオツ・インターナショナル 代表)
仕事ができる人は、会計力(数値を理解し読み取る力)と戦略思考力(企業活動を理解し考察する力)を兼ね備えていると言います。本講座では、この二つの能力をバランスよく使いこなすためのフレームワークを学習した上で、演習を通して、両者のスキルを実践的に学んでいきます。


ビジネススキルアップ講座 ビジネススキル アカウンティング・ファイナンス 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事