石倉洋子のグローバル・ゼミ
イベント

グローバル・アジェンダ・シリーズ2018
第四次産業革命(インダストリー4.0)時代に必要なグローバル リーダーシップとは?

~サンダーバード国際経営大学院コラボレーション~

グローバル・アジェンダ 経営戦略 政治・経済・国際

日時

2018年10月01日 (月)  19:00~20:30

※受付開始は18:30頃を予定しております。
※本講座は英語で行います。通訳は入りませんので、ご注意ください。
※The session will be conducted in English ONLY. Please make sure to secure your seat in advance through the online registration form from the bottom of this page.

終了しています

内容

第四次産業革命で何が変わるのか?

デジタル革命と言われる第四次産業革命により、社会が大きく変わろうとしています。
AI、ビックデータ、ブロックチェーンに代表されるITの進展に加えて、バイオテクノロジーなども加わり、社会、会社組織、政治・国そして人間までも、その存在意義や各々の関係性が変わる可能性があります。

例えば、キャッシュレス化。
中国の都市部を旅行をすると「全く現金を使わずに過ごせた!」というお話はよく聞きます。
ところで、2016年の日本のキャッシュレス決済の比率は19%。経済産業省は2027年には40%を目指しています。
それに対して、2016年の中国は55%、韓国49%、米国41%。
キャッシュレス決済化を「支払いの手段が変わる」と捉えるのか、「支払いから得られる情報に価値を見出すビジネスモデルの転換」と捉えるのかにより、意味づけが大きく変わります。
このように、今起こりつつある変化をどの範囲で、どのように見極めるか、それがビジネスにおいて重要になるのではないでしょうか。

これからの時代に求められるリーダーシップとは?

在り方、仕組みが大きく変わろうとしている今、どのようなリーダー、リーダーシップが必要なのでしょうか。
本セミナーは、70年以上の歴史を持ち、グローバル・マネージメントおよびグローバル・ リーダーシップに特化したサンダーバード国際経営大学院の学長、サンジーブ カグラム博士をお迎えし、グローバル・リーダーシップの視点から、これから大きく変わるであろう社会を読み解きます。

グローバル・リーダーにはグローバル・マインドセットが必要だと言われます。
グローバル・マインドセットは、一般的な知識と学習能力である「知的資本」、異文化に対する寛容さと変化への順応力である「心理的資本」、自分とは異なる人々と信頼関係を築く「社会的資本」の3つの要素から構成されます。
この3つの要素のうち、より重要になる要素は何なのでしょうか?
または、この3つに加えて別の要素が必要になるのでしょうか?

セミナーの前半では、サンジーブ カグラム学長にお話しいただきます。
そして後半では、世界経済フォーラムのMember of Expert Networkである石倉洋子氏との対談を通じて議論を深めます。
 

Global Leadership Skills in a 4IR Environment

How Will the Fourth Industrial Revolution Change Society?

The Fourth Industrial Revolution is dramatically impacting our daily lives.
Due to technological transformation in the areas of artificial intelligence, big data, block chain and biotechnology, the relevance and meaning of the existence of nation states, politics, societies, companies and even human beings are being called into question.

For example, let’s take a look into a cashless society. We often hear that people travelling in urban cities in China don’t need to use cash at all.
The percentage of cashless payments in Japan was 19% in 2016 and the Ministry of Economy, Trade and Industry aims to raise it to 40% in 2027, while the percentage in 2016 was already 55% in China, 49% in Korea and 41% in the USA.
Whether to see it as a mere change of payment method or as a shift of the business model involving big data obtained from payment information determines the significance of technological innovation.
How you would see the ongoing changes determines your future business.

Leadership for a New Era
What leadership skills will be required in a time of great change?
At this seminar, we will have Dr. Sanjeev Khagram, Dean and Director General of Thunderbird School of Global Management at Arizona State University, as our guest to discuss the changing role of global leaders with an eye on how societies will change in the future. Thunderbird School of Global Management has a history of more than 70 years, specializing in global management and global leadership.
Effective global leadership requires a global mindset.
Global mindset is comprised of three elements, "intellectual capital" which can be translated into general knowledge and learning ability, "psychological capital" which means tolerance towards different cultures and adaptability to change, and "social capital" which is an ability to build trust with people from different backgrounds.
Which of the three elements will be most important?
Will there be another element needed in addition to these points?

Dr. Sanjeev Khagram will give a talk for the first half of the seminar, followed by a discussion with Dr. Yoko Ishikura who is specialized in global business strategy, competitiveness and global talent and now is a member of the Expert Network of the World Economic Forum.

 

講師紹介

ゲストスピーカー
Sanjeev Khagram (サンジーブ・カグラム)
サンダーバード国際経営大学院 学長

数々のグローバルスタートアップ、一般企業、行政、シビル・ソサエティ、政府間国際機関、クロスセクター実行ネットワーク、パブリック プライベート パートナーシップ、財団法人、専門職団体、高等教育機関と共に、地域から国際レベルに渡るまで、幅広く活動する、世界的に著名な学者および実践者である。
長期間にわたりブラジル、インド、ケニア、ナイジェリア、南アフリカ、タイ、ドイツおよびイギリスに滞在。

【学歴】
Ph.D. Global Political Economy, Stanford University, 1999
Ph.D. (Minor in) Economics, Food Research Institute, Stanford University, 1998
M.A. Economics and Policy, Food Research Institute, Stanford University 1993
B.A. Development Studies and Engineering, Self-Designed Major, Stanford University, 1990

【専門分野】
グローバリゼーション、トランスナショナリズム、リーダーシップ、戦略的マネジメント、アントレプレナーシップ、ソーシャルビジネス、クロスセクターイノベーション、パブリッププライベートパートナーシップ、組織間ネットワーク、グッドガバナンス、トランスペアレンシー、国際政治経済学、持続可能開発研究、人間安全保障およびデータ革命

すべて読む 閉じる

モデレーター
石倉洋子 (いしくら・ようこ)
一橋大学名誉教授

専門は、経営戦略、競争力、グローバル人材育成。
米バージニア大学大学院経営学修士(MBA)、ハーバード大学大学院 経営学博士(DBA)。
マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て青山学院大学国際政治経済学部教授。一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授。
日清食品ホールディングス株式会社、双日株式会社、株式会社資生堂において社外取締役。
ダボス会議を主催する世界経済フォーラムのMember of Expert Network。
主な著書に、「戦略シフト」(東洋経済新報社)、「日本の産業クラスター戦略」(共著、有斐閣)、「戦略経営論」(訳、東洋経済新報社)、「グローバルキャリア」(東洋経済新報社) 「世界級キャリアのつくり方」(共著、東洋経済新報社)、「世界で活躍する人が大切にしている小さな心がけ」(日経BP社)等。
   

すべて読む 閉じる

講座趣旨

グローバル・アジェンダ・シリーズとは

いま、世界規模で活躍できる人材の育成が日本企業にとって課題となっています。
そのような時代の要請を受けて、アカデミーヒルズが開講しているグローバル人材育成プログラム「石倉洋子のグローバル・ゼミ(Global Agenda Seminar / GAS)」。
本シリーズはGASの特別セミナーとして、世界を舞台に活躍するゲストの経験・キャリアや原動力に直接触れ、参加者に世界的視野を持っていただくために広く一般のビジネスパーソン向けに開催しているセミナーシリーズです。


募集要項

日時 2018年10月01日 (月)  19:00~20:30

※受付開始は18:30頃を予定しております。
※本講座は英語で行います。通訳は入りませんので、ご注意ください。
※The session will be conducted in English ONLY. Please make sure to secure your seat in advance through the online registration form from the bottom of this page.

受講料(税込) 4,000円
定員 150名

※定員になり次第締切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
協力
会場 アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※お申込期限:2018年10月1日(月)15:00まで

お支払い方法

お申込・お支払い方法
・イベントレジストのシステムを使用しています。(※イベントレジストをはじめてご利用になる方は、最初に会員登録が必要です。)
・お支払方法は、クレジットカード、PayPal、コンビニ・ATM払いがあります。
(※コンビニ・ATM払いは、開催日の5日前までご利用いただけます。)
・お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
・領収証をご希望の方は、お申込完了後、イベントレジストの「マイチケット」ページ内<領収証データ> ボタンをクリックして下さい。領収証データが表示されます。

【その他】
・円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。

お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



Global Agenda SeminarのFacebbokページ