六本木アートカレッジ 開講

六本木アートカレッジは、「自分にとっての『アート』とは何か?」を、感じ・考え、自分なりのこだわりのあるライフスタイルを確立することを目的に2011年にスタートしました。
毎年秋に開催する1DAYイベントの他、六本木アートカレッジセミナー」を年間を通じて開催し、これまでに5,000名以上が参加する人気シリーズです。
ファインアート以外にも、音楽、ファッション、デザイン、伝統芸能、その他様々なジャンルから情報発信をしています。
六本木アートカレッジを通じて、新しい刺激に出会い、興味を広げることで自分らしい感性を磨きませんか?

※過去開催の六本木アートカレッジ1DAYイベント
■2011年11月23日開催【アートってこういうことだったのか!】こちらから
■2012年10月8日開催【アートでエネルギーチャージ!】こちらから
■2013年4月29日開催【アートでLOVEに出会う】こちらから
■2013年11月24日開催【おもしろい未来がやってくる!】こちらから
■2014年11月24日開催【つなぐ、みんなの「!」】こちらから
■2015年11月23日開催【CREATIVE SHOWER】こちらから

セミナーのご案内

2017年02月

2017年02月02日 (木) 19:30~21:00

六本木アートカレッジ・セミナー
これからのライフスタイルを考える
第9回「人間にとってAIとは何か?」

羽生善治(将棋棋士)×石山洸(Recruit Institute of Technology推進室室長)
昨年、コンピュータ囲碁プログラムのアルファ碁が人間のプロ囲碁棋士を初めて破ったことで話題になったAI。2045年にはAIの人間の能力を超える出来事、シンギュラリティ(技術的特異点)が起きるという予測もあります。AIが人間を超えるとはどういう意味なのでしょうか? 研究者である石山洸氏、そして既に競合相手としてAIと戦っている羽生善治氏に「AIとは何か?」を語っていただきます。


文化教養キャリア・人

六本木アートカレッジのFacebook
六本木アートカレッジ2012 Video Report