academyhills
ピープル

高梨直紘(たかなし・なおひろ)

天文学普及プロジェクト「天プラ」代表
東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム 特任准教授

プロフィール

高梨直紘

1979年(昭和54年)広島県広島市生まれ。2008年(平成20年)東京大学大学院博士課程修了(理学博士)、国立天文台 広報普及員・研究員(ハワイ観測所)を経て、現在に至る。専門分野は、観測的宇宙論と知の構造化論。Ia型超新星と呼ばれる天体を用いて宇宙膨張の様子を精査する研究に加え、最先端の天文学の魅力を広く共有するための活動を行っている。主な著作物に「一家に1枚 宇宙図」(共著)などがある。


関連講座

2018年09月

宇宙研究から学びとるビジネス感度
講座開催日:2018年09月28日 (金)

宇宙研究がビジネス感度を養う?!
時間的にも空間的にも遥か遠く離れた宇宙のあり方、そして宇宙を日々研究する研究者の思考や経験から、私たちはビジネスにも通ずる普遍的なヒントを学べるかもしれません。


ビジネススキルアップ講座 ビジネス&スキル文化

2014年03月

大人のための天文学入門

~星空から宇宙の果てまで~

大人のための天文学入門
講座開催日:2014年03月14日 (金)

高梨直紘(天文学普及プロジェクト「天プラ」代表/東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム 特任准教授)
天文学の世界に興味を持ち始めた人を対象に、90分間で宇宙全体を俯瞰しレクチャーを行います。普段見上げる星空から138億光年先の宇宙の果てまでを、最新の天文学の話題を絡めながら、国立天文台の開発した宇宙シミュレータ「Mitaka」を使って紹介します。


教養文化

2009年08月

世界天文年2009 私たちは宇宙のどこまでを理解したか
~ガリレオが初めて望遠鏡を夜空に向けてから400年の発展~
講座開催日:2009年08月01日 (土)

高梨 直紘(国立天文台 ハワイ観測所 研究員)
1609年にガリレオが、望遠鏡を夜空に向けてから400年。天文学は劇的な発展を遂げました。最先端の科学技術で、地球から137億光年先の宇宙の果てまでみなさんをご案内します。


教養

おすすめ講座

おすすめ記事

アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!