日本元気塾

20代~30代が受講生の7割強。多様なキャリア・価値観に刺激を受けて、前へ!

【ピックアップVoice!】能圓坊祐子さん、山岸道子さん、西英保さん

日本元気塾
更新日 : 2016年06月23日 (木)

日本元気塾の受講生にはこんな特徴があります。


日本元気塾は20代~60代以上まで、多様なキャリアと価値観の志ある塾生が集まり、活動をしていきます。職種は、会社員、経営者、個人事業主、クリエイターなどさまざま。自分の夢を語り、ビジョンを共有することで、年齢や肩書にとらわれず人的ネットワーク構築ができ、その後の活動を後押しする仲間ができていきます。

塾で得たもの「濃密なネットワークを作れた」

卒塾生アンケートでも、塾で得たもの(複数回答)の1位が「濃密なネットワークを作れた」という回答でした。※アンケートは1期~3期の結果をまとめたものです。

本記事では20代~30代で日本元気塾に飛び込んだ卒塾生の3名体験談をご紹介!

「自分の好きが増えていく日々が楽しくて仕方がない」「個性豊かで精力的な仲間達から新しい世界をたくさん教えてもらった」「キャリアも価値観も多様な志高い塾生に刺激を受けた」など、前向きな変化を語ってくださいました。

能圓坊祐子 20代(4期・隈ゼミ)
「伝えるということ」これは、社会人3年目の私にとって圧倒的に足りなかったことです。そして、元気塾に入って一番学んだことかもしれません。
思っていることを言うこと、わからないことをわからないと言うことが恥ずかしいのではなく、《何も言わない・思わないことが、一番恥じること》と講師陣ならびに塾生と過ごす中で学びました。

自分の思いを伝えることで、背中を押してくれる人がここにはたくさんいます。20代半ばの私の知見は想像できないほど広がり、自分の好きが増えていく日々が楽しくて仕方ありません!
ぜひこの思いに共鳴する方が増えたらいいなと思います。


山岸道子さん 30代(4期・隈ゼミ)
仕事でも日本橋の街づくりボランティアでも壁にぶつかっている…と感じていた私は、卒塾生の先輩方に勧められ、迷わず元気塾に入りました。そして8ヵ月間、何よりも元気塾を優先し、全力で参加しました。米倉先生の共通講義では、企業研究と「次の一手」の提案をチームで行いました。鎌倉まで調査に行ったり、毎晩のように夜中まで議論し続けたり…最終プレゼン後にチームで味わった達成感と、その先へ進みたいという湧き上がるエネルギーは忘れられません。
隈ゼミでは、講義や何気ない会話から「隈イズム」を直接体感できたのは本当に幸運でした。隈先生の誰に対しても真摯に向き合い、一緒に高みを目指していく姿勢は、これからの自分の在りたい姿をより明確にしてくれました。講義以外でも、個性豊かで精力的な仲間達から新しい世界をたくさん教えてもらいました。隈ゼミのメンバーを中心に、イベントHAPPY DAYに出展したり、互いの活動を手伝ったり、一緒に活動を続ける仲間ができたことは私にとってかけがえのない財産です。
「全ては自分次第」。これも元気塾で学んだことだと感じます。卒塾課題の実現に向けては、まだまだスタートライン。これからも元気塾で得た視点と仲間を励みに、前へ進んでいきたいと思います!


西英保さん 20代(4期・為末遠藤ゼミ)
為末さんがTwitterで日本元気塾第4期開講をつぶやいていたのがきっかけで、その場でエントリーしました。私には特別な実績や肩書きはないですが、「エベレストに挑戦する教師になりたい」という志に共感していただき入塾することができました。

キャリアも価値観も多様な志高い塾生に刺激を受け、世界の第一線を舞台にご活躍されている先生方の思考力と行動力に圧倒されました。最高峰の山の高さ厳しさを身をもって知り、その登り方を塾生と切磋琢磨しながら先生の背中から学んで盗む。このような「暗黙知」を経験や年齢関係なく、ほんの少しのきっかけと勇気と志があれば学ぶことができるのが日本元気塾です。


アカデミーヒルズのFacebbokページ