日本元気塾

活動記録 6期(2018.4~)

日本元気塾で実際に行われた授業のレポートや、さまざまな塾生活動の記録をご紹介します。
※ご覧になりたい期を、上のインデックスよりお選びください。
なお、第1期、第2期、第3期、第4期、第5期は、それぞれ全く異なる内容となります。

6期における、各ゼミのレポート

各ゼミを終えての“熱い感想”と講師のコメントを、毎回ご紹介しています。

卒塾課題テーマ「日本/世界を元気にするアクションプラン」に向け、米倉塾長のもと全塾生が受講する全3回の講義です。初回は課題に臨むためのインプット「米倉塾長講義」、そして塾の期間中にトライ&エラーをしながら「中間発表」「最終発表」と、自身のこれからのアクションプランを固めていきます

[ 2018年05月15日 (火)  ]


テーマ「変化への創造的対応」。米倉ゼミでは社会経済発展のドライバーであるイノベーションの詳細を学び、ゼミ生一人一人が自らの課題を設定し、いかに創造的対応をなしうるかを考えます。創造的な対応を成し遂げてきた企業トップや、社会企業家をゲストに招いたケーススタディも。

[ 2018年06月04日 (月)  ]

インデックス

テーマ「藤森流マネジメントに学ぶ変革を起こすリーダーシップ」。リーダーのミッションは、ビジョンを掲げ、コミュニケーションを通じて人を動かし、そのコミットメントをもとにアクションを起こすこと。ここでは、リーダーとして常に成長するため、コンフォートゾーンから抜け出し、自分の殻を打ち破ることを目指しています。

[ 2018年06月05日 (火)  ]

インデックス

今回の中竹ゼミでは、ドラマのプロデュースを数多く手掛けられる橘康仁さんをゲストにお招きし、「ドラマ作りのノウハウが『自分らしいスタイル』な発見・確立に役立てるか?」というテーマで講義いただきました。

[ 2018年09月07日 (金)  ]

インデックス

テーマは「イノベーションの戦略ストーリーを創る」。自分が好きなこと、面白いと思うことを形にする。それが世の中のメインストリームとズレているとき、そしてそれを自分以外の多くの人々にも欲しいと思わせたときにイノベーションは生まれる。このゼミでは自分の好き嫌いからイノベーションのアイデアをつくり、それをビジネスにするための視点と論理を提供する。

[ 2018年06月04日 (月)  ]

インデックス

今回のテーマは、「コンセプト創造」。エクササイズとして、百貨店業界のイノベーションのコンセプトを考えるワークショップを行いました。

[ 2018年08月21日 (火)  ]

インデックス

テーマ「成長し続ける「自分らしさに基づいたスタイル」の確立」。学習理論およびトレーニングの原則に基づいた講座の中で、双方向型のワークショップが中心。リーダーシップとフォロワーシップ、スキルとスタイル、成功と成長、判断と決断といった、自己を確立して仲間を導くために必要な要素を重点的に学びます。

[ 2018年06月12日 (火)  ]

インデックス

これまでの活動

日本元気塾6期では、「ビッグイシュー道端留学」を体験してきました。「社会的企業としてホームレスの人々に働く機会を提供」することを使命に掲げるビッグイシュー日本の取り組みを肌で感じ、「社会課題に対して自分に何ができるのか?」を考えました。

[ 2018年09月19日 (水)  ]


建築家・隈研吾さんに会いに高知県梼原町へ行ってきました。梼原町には元気塾ファミリーの隈さんが設計された最新作品『雲の上の図書館』が5月26日にオープン。隈さんが直々に案内してくれるというまたとない機会!濃密なフィールドワーク行ってきました。

[ 2018年07月03日 (火)  ]


「やりたいこと を やろう」~仲間の存在が想いを形にする原動力に~ 日本元気塾卒塾生・座談会(三浦英雄さん、星野俊二さん、笠原眞由子さん)

日本元気塾後に実際にアイデアを形にした卒塾生3人の座談会。「『痛くてあたりまえ』という我慢を取り除く」「年間何百着も廃棄されるウェディングドレスを、必要としている人へ」「大切なものを諦めないための新しい選択肢をつくる」—。3人の生き方、想いを形にするための原動力を伺いました。


インデックス