日本元気塾

塾長メッセージ

米倉誠一郎塾長からのメッセージ

日本元気塾塾長 米倉誠一郎
日本元気塾がすでに出した行動規範。

「たとえどんなに小さくても、必ず一歩を踏み出すこと。
誰かが始めなければならないことならば、まずは自分から始めること」


結局原点はそこに帰る。
どんなに巨大な構築物でも、一握りの石礫がなければ着工は始まらないからだ。

とはいっても、21世紀の混沌は想像以上に厳しい。
目に入ってくるのは国内外に山積した問題群であり、踏み出そうにも障害だらけだ。
「いったい、自分の小さな力で何ができるのだろう」、とため息が出る。

だからこそ、いま必要なのは遠くからでも行く末の見える希望の光すなわちビジョンだと思う。
輝くビジョンを創り、目の前に広がる暗い闇に漕ぎ出すには、一人では怖い。
だから、励まし合い、笑い合い、泣き合う仲間たちが必要だ。
とくに、同じ時間と同じ空間で同じ釜のメシを食べながら鍛えられた
深い暗黙知を共有する仲間たちが必要だ。

第5期日本元気塾は、これまでの陣容にさらなる新しい講師を迎えて驚くほど力強い。
講師たちの後ろ姿から学び、塾生同士が切磋琢磨する。
と、大上段に構えても、所詮これも小さな試みだということは理解している。だから、愉快に明るくやりたいと思う。

諸君の小さな一歩を、そして世界を元気にする一歩が踏み出されることを期待している。

2016年5月
日本元気塾塾長 米倉誠一郎


アカデミーヒルズのFacebbokページ