日本元気塾

卒塾生の今・体験記

日本元気塾

日本元気塾の卒塾生は、何を感じ、卒塾後どんな活動をしているのでしょうか?日本元気塾の体験談と、さまざまな「一歩」を踏み出した卒塾生の「今」をお知らせします!
●2016年5月公開記事

限定公開!「日本元気塾ドキュメンタリー(2013)」
1~3期(2009~2012年)までの塾生の活動をまとめたドキュメンタリー映像です。塾の雰囲気、ここで学んだ一人一人が踏み出した「小さな一歩」、そして卒塾生のつながりをご覧ください。
(再生時間:14分程度)

日本元気塾 卒塾生インタビュー1
「一流の世界を知ることが、強く感性を刺激する」

林惠子さん 食品マーケティング会社(4期 隈 研吾ゼミ)/40代



【入塾のきっかけは?】
元々は某ビール会社に勤めていたのですが、そこで出会った「大麦」に魅了され、一人でも多くの人に食べる大麦の持つ健康効果を知ってもらい、元気になってもらいたいと、独立しました。
起業から3年経った頃、アウトプットに比べ、インプットの機会がなかなかないと感じていて、自分の中で「学びたい」と欲求が高まっていた頃に、六本木ヒルズからの案内で日本元気塾のことを知りました。

日本元気塾 卒塾生インタビュー2 
「一流の人ほど、努力していることを知った」

高島美祐さん:歯科医師(4期 奥山ゼミ)/30代



【入塾のきっかけは?】
現在は歯科医師としてクリニックを経営しています。
元気塾を知ったきっかけは、自分がメンターとあおぐ方がFacebookで教えてくれたことがきっかけです。正直に言えば米倉先生のことも、奥山先生のこともその時は知りませんでした。ウェブサイトを見た時に、奥山先生が「ものづくりを発信する」というテーマを掲げていることに惹かれました。

日本元気塾 卒塾生インタビュー3 
「面白い人に出会える人材の宝庫で、刺激的!」

山木鷹雄さん:電気工事会社経営(4期 為末・遠藤ゼミ)/40代



【入塾のきっかけは?】
実は元気塾3期にも参加し、故人となられた藤巻幸大さんに師事していました。その時は「元気塾」が何かもわからず、六本木ヒルズという場所にもやや緊張があり、“柄にもなく、エリート集団の中に来ちゃったなぁ”という感じで無我夢中で3期を終えました。しかし、3期で出会った仲間たちから色んな意見を聞いたり、卒塾後のアクションを見ることが刺激となり、自分のやりたいことを明確化して行きました。

日本元気塾 卒塾生インタビュー4
「自分が「こうしたい」という夢を安心して語れる場」

多賀重雄さん 義肢装具士・技術コンサルタント(4期 遠藤・為末ゼミ)/30代



【入塾のきっかけは?】
現在は会員制オープンアクセス型DIY工房テックショップジャパンの日本第一号の店舗でドリーム・コンサルタントをしています。(中略)プレセミナーに参加した時に、「何だかわからないけどすごい所に来ちゃった」という感じを持ちました。「暗黙知」の意味もわからず、卒業しても特別な資格(卒業証書など)も無いということでしたが、逆にそのわけのわからなさに魅力を感じてエントリーしました。

【ピックアップVoice!】能圓坊裕子さん20代、山岸道子さん30代、西英保さん20代

20代~30代が受講生の7割強。多様なキャリア・価値観に刺激を受けて前へ!



20代~30代で日本元気塾に飛び込んだ卒塾生の3名体験談をご紹介!「自分の好きが増えていく日々が楽しくて仕方がない」「個性豊かで精力的な仲間達から新しい世界をたくさん教えてもらった」「キャリアも価値観も多様な志高い塾生に刺激を受けた」など、前向きな変化を語ってくださいました。


アカデミーヒルズのFacebbokページ