アカデミーヒルズスクール
イベント

SPEEDA×アカデミーヒルズ 「注目業界の5年後を読む」シリーズ
5年後、広告とメディアはどう変わるのか?

~博報堂、電通から注目のトップランナーが登壇!~

BIZセミナー 経営戦略 キャリア・人 建築・デザイン

日時

2014年12月03日 (水)  19:00~21:00

※受付開始は18:30頃を予定しております。

終了しています

内容

新シリーズスタート!
SPEEDAとアカデミーヒルズのコラボによる「注目業界の5年後を読む」シリーズ。当セミナーでは、各業界のトップランナーとともに、注目業界、分野のこれからについて考えます。

第1回目のテーマは、「5年後の広告、メディア」です。デジタル化、ソーシャル化、スマホシフトなどにより、大きく変わりつつある広告とメディア。今後5年間に、広告とメディアはどのように変わるのでしょうか———広告とメディアのこれからを、ビジネス面、クリエーティブ面、テクノロジー面、人材面から多角的に議論します。

ゲストにお招きするのは、日本を代表する2人のクリエーター兼ビジネスパーソンです。

1人目のゲストは、博報堂ケトル共同CEOの嶋浩一郎氏です。1993年に博報堂に入社後、コーポレート・コミュニケーション局でPR活動に携わり、博報堂の『広告』編集長に就任。2006年には、「アイディアを沸かせて、世の中を沸騰させたい」という想いを込め、博報堂ケトルを創業しました。従来の広告の枠組みにとらわれない、戦略・制作・SP・PRを統合した革新的なキャンペーンは大きな注目を集めています。また、カルチャー誌『ケトル』の編集長を務める傍ら、2012年には下北沢に本屋B&Bを開業するなど、多方面で新機軸を打ち出しています。

もう1人のゲストは、電通のエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター岸勇希氏です。2008年に執筆した『コミュニケーションをデザインするための本』で、コミュニケーション・デザインという概念を広告業界に提唱。2011年には、電通史上最年少でクリエーティブ・ディレクターに昇格しています。トヨタ自動車「AQUA」、コナミスポーツの経営イノベーションなどを手がけるほか、スヌーピー「Today's Beagle Hug Project」、フジテレビドラマ「東京リトル・ラブ」のプロデュースなどコンテンツ領域でも活躍しています。

今回のセミナーでは、広告とメディアの最前線で奮闘するお二人とともに、5年後の広告とメディアを考えるためのキーワードを選択、それをテーマにして徹底的に議論します。従来の枠組みにとらわれない、現場感とビジョンのあるトークをお楽しみください。

【議論のテーマ】(予定)
・「広告」「メディア」という概念はどう変わるのか
・異種格闘技戦に突入する広告・メディア業界
・広告とサイエンス、広告とテクノロジー
・レガシーメディア、ニューメディアが生きる道
・世代論で考える広告・メディアの未来

※SPEEDAのアナリストが広告業界の現状を簡単に解説した後、NewsPicksの佐々木紀彦編集長がモデレーターを務めて、両ゲストのトークセッション、会場とのQ&Aを行う予定です。
※講演後は、新シリーズ第1回を記念して懇親会を開催します。みなさまとカジュアルに語るお時間を設けていますので、ぜひふるってご参加ください。

【スケジュール】
・はじめに
・SPEEDAアナリストより広告業界現状解説(約10分)
・トークセッション:嶋浩一郎×岸勇希(約80分)
(モデレーター:NewsPicks佐々木紀彦)
・会場とのQ&A(約30分)

講師紹介

スピーカー
嶋浩一郎 (しま・こういちろう)
編集者・クリエイティブティレクター/博報堂ケトル代表取締役社長・共同CEO

1993年博報堂入社。コーポレート・コミュニケーション局で企業のPR活動に携わる。2001年朝日新聞社に出向。スターバックスコーヒーなどで販売された若者向け新聞「SEVEN」編集ディレクター。2002年から2004年に博報堂刊『広告』編集長。2004年、「本屋大賞」の立ちあげに参画。06年既存の手法にとらわれないコミュニケーションを実施する「博報堂ケトル」を設立。統合型の広告キャンペーンを多数手がけ、同時にコンテンツ制作にも積極的に携わる。2012年下北沢に本屋B&Bを開業。


スピーカー
岸勇希 (きし・ゆうき)
電通CDC エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター

1977年、名古屋生まれ。早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了。2004年電通に入社。中部支社新聞・雑誌室、メディア・マーケティング部を経て、2006年より東京本社インタラクティブ・コミュニケーション局クリエーティブ室。2008年よりコミュニケーション・デザイン・センター(CDC)。2014年より現職。広告の企画・制作に限らず、企業の商品開発や事業デザイン、空間・施設プロデュース、アーティストのプロモーションや作詞、テレビ番組の企画・制作などにも携わる。カンヌ国際広告祭金賞、アジア国際広告祭グランプリ、日本マーケティング大賞グランプリ他、国内外の賞を多数受賞。


モデレーター
佐々木紀彦 (ささき・のりひこ)
株式会社ニューズピックス 取締役

1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、東洋経済新報社で自動車、IT業界などを担当。2007年9月より休職し、スタンフォード大学大学院で修士号取得(国際政治経済専攻)。09年7月より復職し、『週刊東洋経済』編集部に所属。『30歳の逆襲』、『非ネイティブの英語術』、『世界VS中国』、『ストーリーで戦略を作ろう』『グローバルエリートを育成せよ』などの特集を担当。2012年11月「東洋経済オンライン」編集長に就任。2014年7月、株式会社ユーザベース「NewsPicks」編集長 執行役員に就任。2015年4月、株式会社ニューズピックス 取締役に就任。著書に、『米国製エリートは本当にすごいのか?』(東洋経済新報社)。2013年7月、メディア業界の今後を論じた『5年後、メディアは稼げるか?』(東洋経済新報社)を出版。


募集要項

日時 2014年12月03日 (水)  19:00~21:00

※受付開始は18:30頃を予定しております。

受講料(税込) 3,000円
定員 150名

※定員になり次第締切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
共催
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※お申込期限:2014年12月3日(水)15:00まで

お支払い方法

クレジットカードによるお支払いのみです。
※お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
※クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERSのみのお取扱となります。
※お支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)

【その他】
※領収証をご希望の方は、「申込画面」内の<請求書・領収証発行>欄でラジオボタンの「WEB上で発行する」をお選び下さい。
「WEB上で発行する」をお選びいただきますと申込完了後に、領収証のダウンロード画面が表示されます。ダウンロード画面を一旦閉じると再度ダウンロード画面に戻ることが出来ませんのでご注意ください。

お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



アカデミーヒルズのFacebbokページ
アカデミーヒルズのTwitter
HIP
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!