アカデミーヒルズスクール
イベント

2時間で学ぶはじめてのプレゼンテーション【ツール編】

~説得力をアップするプレゼン・ツール活用の基礎を学ぶ~

ベーシック講座 ビジネス&スキル

日時

2014年12月15日 (月)  19:00~21:00

※受付開始は18:30頃を予定しております。

終了しています

内容

ビジネスの場において何度も直面するプレゼンテーション。しかし、ほとんどの人はプレゼンについて特別な教育を受けるわけでもなく、上司や周りの人のやり方を見よう見まねで試行錯誤しているのが実情でしょう。

プレゼンにあたって、考慮しなければいけないものが3つあります。
1. コンテンツ:プレゼンの内容のことです
2. ツール:プレゼンに必要な資料、機材類、環境などです
3. コミュニケーション:プレゼンでの伝え方、説得の仕方です

本講座では、上記2番目の「ツール編」として、「プレゼン初心者の方が知っておくべき資料作成の基礎知識」を中心に解説していきます。
プレゼンにおけるコミュニケーションは、個人のセンスや能力が表れやすいものですが、ツール(資料作成)の部分は学習することにより確実に身に付き、プレゼン力をアップすることが出来ます。

「手間と時間をかけて資料を準備したところ、盛りだくさんになって結局、大切なことが伝わらない資料になったしまった」ということはよくあることです。そんなことにならないために、プレゼンのストーリーの組立て方から、ページレイアウトの考え方、有効な字体の選択、グラフの作成、さらにプレゼンに適した会場レイアウトまで、知っておくべきツールの基本を詳しく解説します。

たとえば、あなたは、読ませるための文字「可読性」と見せるための文字「視認性」の違いがあることを知っていますか?当然その役割も効果も異なってきます。シェア(市場占有率)は円グラフで示すのが常識とされていますが、これは無条件に正しいことなのでしょうか?効果的なグラフにするためにはどう考えればよいのでしょう?キーパーソンにはどの席に座ってもらいますか?相手任せにしていますか?それでいいのでしょうか?
他にも資料作成で必要なポイントについて、実例を交えて解説しますので、即実践可能なスキルを学ぶことができます。


本講座は人気講座「2時間で学ぶプレゼンテーション~プレゼンの目的を達成するためのコミュニケーション手法を学ぶ~」(コミュニケーション編)の受講者の方からのご要望にお応えして新規開講した「ツール編」です。
コミュニケーション編とツール編はそれぞれ完結講座ですが、双方受講される方はコミュニケーション編からの受講がお勧めです。また、コミュニケーション編とツール編の双方を受講することにより、立体的にプレゼンテーションを理解出来るようになります。

※次回、プレゼンテーション講座【コミュニケーション編】は2015年2月開催予定

カリキュラム

プレゼン資料の作り方/プレゼンの流れをどう組み立てるか?
・プレゼン・ストーリーの組み立て方
・ストーリーボード(サムネイル)を習慣化
・プレゼン所要時間とページ枚数の関係

ページレイアウトの考え方/既存のテンプレートは有効か?
・思い込み、独りよがりのテンプレートの罠(メリットとデメリット)
・「シンプル・イズ・ベスト」 オリジナル・テンプレートの勧め
・ページレイアウトの代表3パターン
・初心者が陥るアニメーションの使い過ぎ

字体や文字の大きさの使い分け/字体によって印象が左右する?
・「読ませる文字(可読性)」、「見せる文字(可視性)」の使い分け
・プレゼン資料(プレゼン・ソフト)と配布資料では効果が異なる字体、大きさ
・プレゼン資料に相応しい字体、大きさ

伝わるグラフの作り方/常に常識に従わねばならないのか?
・「きれいでカッコイイ」よりも「注目点を伝える」こと
・「印象的なグラフ」よりも「効果的なグラフ」を使う
・注目数字は、可能な限り「視覚化」せよ

カラーリングとビジュアルの原則を知る/多用すると効果的?
・色の使い方効果、カラフル過ぎると却って目立たない
・カラーリング以外でも「効果的に強調」
・イラストを使っていいケース、使うべきでないケース

プレゼン環境の理想的条件とは?
・会場レイアウトによって異なる 「スクリーン主役」 と 「スピーカー主役」
・参加者の表情が見える明るさが原則
・キーパーソンに座ってもらいたいSS席

講師紹介

講師
Jacky柴田正幸 (しばた・まさゆき)
Jacky Marketing Office(柴田正幸事務所)代表

エレクトロニクス関係の取材記者の後、コンサルティング会社勤務。
コンシューマ・マーケティング部門の責任者として食品、家電、自動車、住宅、化粧品などの分野でリサーチ、商品開発、コミュニケーション戦略などマーケティング全般にわたって経験。
1994年、独立してJacky Marketing Office 代表。
SBI(スタンフォード研究所よりスピンオフ)でJapan-VALSのプロジェクト・マネージャー兼務。
東京理科大学大学院 MOT 講師。

著書:
競争優位のマーケティング(PHP研究所)
プレゼンテーション力を鍛えるトレーニングブック(かんき出版)


募集要項

日時 2014年12月15日 (月)  19:00~21:00

※受付開始は18:30頃を予定しております。

受講料(税込) 10,000円
定員 30名

※定員になり次第締め切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※お申込期限:2014年12月15日(月)15:00

お支払い方法

クレジットカードによるお支払いのみです。
※お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
※クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERSのみのお取扱となります。
※お支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)

【その他】
※領収証をご希望の方は、「申込画面」内の<請求書・領収証発行>欄でラジオボタンの「WEB上で発行する」お選び下さい。
「WEB上で発行する」をお選びいただきますと申込完了後に、領収証のダウンロード画面が表示されます。ダウンロード画面を一旦閉じると再度ダウンロード画面に戻ることが出来ませんのでご注意ください。
※本講座は、次回の同内容講座への振替を承っております。振替受講希望の方は開催日の1営業日前の(日曜日開催の場合は金曜日)18時30分までに「Roppongi BIZスクール事務局」まで、ご連絡ください。事前にお申し出の無い場合、振替はお受けできませんのでご了承ください。
※ご入金後の講座の振替受講は、翌開催分までとさせていただきます。

お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



アカデミーヒルズのFacebbokページ
アカデミーヒルズのTwitter
HIP
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!