アカデミーヒルズスクール
イベント

未来自分会議<キャリア×時間>第5回インタラクティブセッション
「キャリアアンカーを探る」
竹中平蔵氏(アカデミーヒルズ理事長)×飛鷹全法氏(高野山高祖院住職)

キャリア・人


日時

2018年07月30日 (月)  19:00~20:30

※受付開始は18:30頃を予定しております。

終了しています

内容

未来自分会議 <キャリア×時間>第5回インタラクティブセッション
『キャリアアンカーを探る』
竹中平蔵氏(アカデミーヒルズ理事長)×飛鷹全法氏(高野山高祖院住職)

「未来自分会議」第5回は、竹中平蔵氏をゲストに迎え、自身を突き動かすキャリアアンカーを探ります。キャリアアンカーとは、自らのキャリアを選択する上で、最も大切な価値観や欲求。竹中氏にとって、自身のキャリアステージが変わっても、変わらない自身の内面にあるエンジンとは?モデレーターの高野山高祖院住職の飛鷹全法氏に、紐解いていただきます。

本セッションは、事前にWEBインタビューをお読みいただいた上で、参加頂けるセッションです。お申込の際、インタビュー記事への感想(300文字以内)をご記入頂きますのでご協力の程、お願い致します。

■竹中平蔵氏のwebインタビューはこちら

■インタラクティブセッション<竹中平蔵氏×飛鷹全法氏>への応募はこちら


【申込期限】7月20日(金)正午まで
※応募多数の場合、ご記入いただいた感想をもとに選考させて頂きます。予めご了承ください。


講師紹介

ゲストスピーカー
竹中平蔵 (たけなか・へいぞう)
アカデミーヒルズ理事長/東洋大学教授/慶應義塾大学名誉教授

1951年和歌山県生まれ。一橋大学経済学部卒業。博士(経済学)。
ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを経て、2001年小泉内閣で経済財政政策担当大臣を皮切りに、金融担当大臣、郵政民営化担当大臣兼務、総務大臣を歴任。2006年よりアカデミーヒルズ理事長、現在東洋大学教授、慶應義塾大学名誉教授。ほか㈱パソナグループ取締役会長、オリックス㈱社外取締役、SBIホールディングス㈱社外取締役などを兼務。
著書は、『経済古典は役に立つ』(光文社)、『竹中式マトリクス勉強法』(幻冬舎)、『構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌』(日本経済新聞社)、『研究開発と設備投資の経済学』(サントリー学芸賞受賞、東洋経済新報社)など多数。

すべて読む 閉じる

モデレーター
飛鷹全法 (ひだか・ぜんぼう)
高野山高祖院住職

1972年生 東京出身。東京大学法学部卒。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻博士課程中退。
専門は比較日本文化論、南方熊楠研究。大学院在学中より、ITベンチャーの立ち上げに参画、ソフトウェアの開発に携わる。その後、株式会社ジャパンスタイルを設立、国際交流基金等の事業で、中央アジア・中東・カナダ等で津軽三味線や沖縄音楽を始めとする伝統音楽の舞台制作を行う。2007年より経済産業省主催の海外富裕層誘客事業(ラグジュアリートラベル)の検討委員に就任。現在、高野山高祖院住職、高野山別格本山三宝院副住職、地域ブランディング協会理事。

すべて読む 閉じる

講座趣旨

未来自分会議とは・・

時間は全ての人に平等。
だからこそ、その使い方に個性が出て、キャリア、そして人生に違いがうまれる。
どのように時間をデザインするかは、未来のキャリアをつくることに等しい。
未来自分会議<キャリア×時間>は【webインタビュー】【インタラクティブセッション】の2つの場をつくります。

【webインタビュー】
各界で活躍されているリーダーがどのように時間をデザインするかを知る

【インタラクティブセッション】
インタビューに登場された方をゲストに招き、時間のデザイン、未来のキャリアをテーマにしたディスカッションを通じて、皆さんが自分の未来を考える


募集要項

日時 2018年07月30日 (月)  19:00~20:30

※受付開始は18:30頃を予定しております。

受講料(税込) 5,000円
定員 30名

主催
  • アカデミーヒルズ
会場 アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※応募多数の場合は、申込フォームにご記入の「インタビューへの感想やコメント」により選考させていただきます。
※ご参加の可否は、ご登録のメールアドレスへお知らせします。

お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



未来自分会議
六本木アートカレッジ
日本元気塾 卒塾生座談会 公開中
HIP