オピニオン・記事
活動レポート

「Incubation Hub Conference 2015」募集開始
 変革期を迎えたスタートアップファイナンス

セミナー活動レポート

開催日:2015年3月17日(火)19時00分~20時40分
会 場:アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ 森タワー49階)
受講料:無料
定 員:150名

アベノミクスの成長戦略の一つに「世界で勝てるベンチャーの創出」があります。
現在の日本は、開業率は5%と欧米の10%の2分の1、ベンチャーキャピタルの規模は金額ベースで米国の40分の1以下と、大きく遅れを取っていますが、日本の市場も変革期を迎えています。

ベンチャー企業に関するニュースは、新聞や雑誌など連日のように目にするようになりました。昨年はベンチャー企業の大規模な資金調達、大型上場も大きな話題となり、今後も大きく動くことが予想されます。
注目を集めるベンチャー企業の躍進、ベンチャー企業そのものにスポットライトが当たることが多いのですが、その躍進には必ずベンチャーを支えるベンチャーキャピタルの存在があります。資金面だけでなく、幅広いサポートを行い企業を育成するベンチャーキャピタル、今後はベンチャー企業の躍進とともに、今まで以上にその存在感を増し、日本の経済に影響を与えていくことでしょう。

今回のカンファレンスでは、第一線で活躍するベンチャーキャピタリストの方々をお迎えします。これまでのベンチャーキャピタルの変遷から最新状況、ベンチャー企業のファイナンス事情やグローバル戦略、そして、今後の投資先トレンドまで幅広く議論します。
今のベンチャーキャピタルの“顔”であり、それぞれスタイルの異なるスピーカーの方々が一堂に会する貴重な機会です。

●キーノート
村田 祐介氏(インキュベイトファンド株式会社 代表パートナー / JVCA総研 代表理事)
●パネルディスカッション(五十音順)
仮屋薗 聡一氏 (株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ マネージング・パートナー)
堤 達生氏 (グリーベンチャーズ株式会社 ジェネラルパートナー)
渡辺 洋行氏 (B Dash Ventures株式会社 代表取締役社長)
モデレーター
松山 太河氏(East Ventures株式会社 パートナー)

●タイムスケジュール
主催者ご挨拶 (19:00~19:05)
キーノート (19:05~19:25)
質疑 (19:25~19:30)
パネルディスカッション (19:30~20:30)
質疑 (20:30~20:40)
終了 (20:40)

開催概要

Incubation Hub Conference 2015

■日 時:2015年3月17日(火)19時00分~20時40分 
※受付開始は18時30分を予定しています
■会 場:アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階) 
アクセス図はこちら
■主 催:森ビル株式会社
■共 催:新日本有限責任監査法人 / EY新日本クリエーション株式会社
■協 力:アカデミーヒルズ
■参加費:無料
■定 員:150名
※定員に達したため募集を終了いたしました。
※お問合せ先:アカデミーヒルズ スクール
       電 話:03-6406-6200(平日10時~18時30分)
       メール:biz@academyhills.com          
※円滑な進行のためにいただいた情報を登壇者の方々に提供させていただきます。
※当Webサイトで取得いたしますお客様の個人情報は、当社のプライバシーポリシーにもとづき利用させていただきます。

キーノート

村田 祐介(インキュベイトファンド株式会社 代表パートナー / JVCA総研 代表理事)


1980年生まれ。1999年にエンタープライズソフトベンダーに創業参画し金融機関向けオンラインサービス・ソフトウェアの開発業務に従事。2003年エヌ・アイ・エフベンチャーズ株式会社(現:大和企業投資株式会社)入社。主にネット・モバイル関連企業の投資育成業務及びファンド組成管理業務に従事。2009年より同社投資第6 グループのグループマネージャーに就任し約70 億円のポートフォリオを担当。 2010年インキュベイトファンド設立、代表パートナー就任。メディア・ゲーム関連領域を中心とした投資・インキュベーション活動を行うほか、ファンドマネジメント業務を主幹。

登壇者プロフィール(五十音順)

仮屋薗 聡一(株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ マネージング・パートナー)


株式会社三和総合研究所での経営戦略コンサルティングを経て、1996年、株式会社グロービスのベンチャーキャピタル事業設立に参画。1号ファンド、ファンドマネジャーを経て、1999年エイパックス・グロービス・パートナーズ設立よりパートナー就任、現在に至る。慶應義塾大学法学部卒、米国ピッツバーグ大学MBA修了。
著書に、「機関投資家のためのプライベート・エクイティ」(きんざい)、「ケースで学ぶ起業戦略」(日経BP社)、「MBAビジネスプラン」(ダイヤモンド社)、「ベンチャーキャピタリストが語る起業家への提言」(税務研究会)がある。

堤 達生(グリーベンチャーズ株式会社 ジェネラルパートナー)


2011年8月にグリー株式会社に参画し、3か月後にグリーベンチャーズ及びファンド設立(20億円)、運営を行う。2014年5月にAT-Ⅰ投資事業有限責任組合を立ち上げ、General Partnerに就任。グリー株式会社参画以前は、株式会社リクルートの事業開発室にて、複数の新規事業開発に従事。産学連携で設立したソーシャルメディアマーケティング会社の設立・運営、EC、デジタルコンテンツ、アドテクノロジー領域の新規事業企画、また米国にて、RECRUIT STRATEGIC PARTNERSを設立し、米国企業とのアライアンスによる日本での事業開発を推進。並行して、投資子会社、リクルートインキュベーションパートナーズの代表取締役として20億円の資金を運用。慶應義塾大学大学院卒業。

渡辺 洋行(B Dash Ventures株式会社 代表取締役社長)


株式会社三和総合研究所においてコンサルティング、リサーチ業務に従事した後、三菱UFJキャピタル株式会社に入社。2011年にVC投資事業を行うB Dash Ventures株式会社を設立。代表取締役社長に就任。

モデレーター

松山 太河(East Ventures株式会社 パートナー) 


早稲田大学商学部卒。アクセンチュア、ネットエイジ取締役、eグループなどを経て、エンジェル投資組合クロノスファンド、国内外の成長ITベンチャーに投資するEast Venturesのパートナーを務める。

Incubation Hub Conferenceとは

昨年6月にオープンした虎ノ門ヒルズは、「“Hello,Mirai Tokyo!”未来の東京はここから始まる」をコンセプトに街づくりに取り組んでいます。
 その1つとして、「虎ノ門・赤坂・六本木を核とした、東京都心における新産業創造プラットフォームの構築」をテーマに、東京都の「インキュベーションHUB推進プロジェクト事業」の平成26年度の連携事業者(代表事業者:新日本有限責任監査法人)に森ビルは選ばれました。
 これを機に、Incubation Hub Conferenceは「新しいビジネスを創造する」をコンセプトに定期的に開催しております。今回はその第2回となります。

アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事