オピニオン・記事

都市は思考する
~スポーツがひらく都市の可能性~

更新日 : 2018年05月14日 (月)

前編 為末大×藤村龍至 スポーツがひらく都市の可能性

現代都市を駆動させている「思考」とは? いま都市そのものを動かしているシステムや潮流があるならば、私たちはこれをどう活かしていけるのか。その可能性を、建築家の藤村龍至氏とゲストが語るシリーズセミナーが「都市は思考する」です。今回は元プロ陸上選手の為末大氏を迎え、2020年のオリンピック・パラリンピックを控えた東京で、スポーツと都市が互いにどう関わっていけるかを意見交換しました。ここではそのダイジェストをお届けします。

開催日時:2018年2月7日(水)19:00~20:30
スピーカー:為末大(元プロ陸上選手)
モデレーター:藤村龍至(建築家)

気づきポイント

●一流アスリートと環境の相互作用から、「都市の身体化」のビジョンが見えてくる。
●パラリンピアンが教えてくれる「助ける/助けられる」のより柔軟な関係性。
●スポーツは言語や文化を超えて、社会の多様性・共生の理解に貢献し得る。
●スタジアム、公園、学校——都市のスポーツ環境の未来は、地域共有がカギ。
●高齢化社会には、画一的な「年相応」の囲い込みを超えた共存の仕組みを。