六本木ヒルズライブラリー
トピックス

<ピックアップ書棚>今年の漢字「災」~災に備え、災を知る

更新日 : 2018年12月14日 (金)



ライブラリ—のメンバーズ受付前にて、さまざまなテーマを元に書籍の紹介している「ピックアップ書棚」。
今回のテーマは ″今年の漢字「災」~災に備え、災を知る″ です。

2018年、今年の漢字は「災」に決まりました。
1月、関東は4年ぶりに積雪20センチ以上を記録する大雪に見舞われ、6月には大阪府北部地震、早い梅雨明けと40度以上の猛暑、7月の西日本集中豪雨、例年より多い台風、9月には震度7の北海道胆振東部地震が起きるなど各地で災害が起き、義援金を呼びかける声が耐えない1年でした。
また自然災害だけでなく、仮想通貨流出やスポーツ界のパワハラ問題、不正入試問題や財務省の文書改ざんなど、「人災」も多い年でした。
新元号となる来年に向け、被害の減少を願うとともに、いつ起きるかわからない災害に備えるためにも、読んでおきたい本を集めてみました。

(サイ/わざわい)
傷害・疾病・天変地異・難儀などをこうむること。悪いできごと。まがごと。災難。(岩波書店 広辞苑第七版より)

 

自衛隊防災BOOK

自衛隊・防衛省
マガジンハウス

トコトン図解気象学入門

釜堀弘隆 : 川村隆一
講談社

震災復興にかける、ダイムラーの行動力。

ソーシャルイノベーション研究会
日経BPコンサルティング

日本列島の下では何が起きているのか

中島淳一
講談社

日本の地下で何が起きているのか

鎌田浩毅
岩波書店

日本の防災、世界の災害

石渡幹夫
鹿島出版会


六本木ライブラリー
アークヒルズライブラリー
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊