六本木ヒルズライブラリー

トピックス 2016年

画期的なタイム・マネジメントの書として全英ベストセラーになった『マニャーナの法則』の改定版『仕事に追われない仕事術-マニャーナの法則・完全版-』の訳者・青木高夫さんをお迎えして時間管理術のセミナーを開催しました。



アカデミーヒルズ ライブラリーのメンバーとしての魅力のひとつ、メンバー同志の交流。ライブラリーでは、規模もテーマも様々なメンバー交流会を定期的に開催していますが、入会月を半年ごとに区切って、同期と言えるメンバーでの交流会を開催しました。



今年も早いもので、一年の締めくくりの時期になりましたが、メンバーの皆さまはいかがお過ごしでしょうか。 今年もライブラリーをご利用いただきまして、誠にありがとうございました。 街中は、クリスマスのイルミネーションが華やかとなりました。 あわただしい年の暮れでありますので、どうぞお身体に気をつ....



年間200件近く、自治体や警察などから依頼を受けて、安全講習を行っている安全インストラクターの武田 信彦さんにお越しいただき、最近の安全を取り巻く状況と、もしもの時のための逃げる技について教えていただきました。



11年目を迎えた「カーティス教授の政治シリーズ」。2016年第2回は、11月8日に投開票され、世界に大きな衝撃を与えたアメリカ大統領選挙の分析と今後の見通しについてお話いただきました。タイムリーなトピックでもあり、満員御礼となりました。



創立から25年あまり、その新しいスタイルの教育方針により、現在までに実に多くの若き起業家を輩出してきた慶應SFC(慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス)。その起業家をお招きしてお話を伺うシリーズ。2016年第1回は、未来の老舗企業を目指すグラネス株式会社代表取締役の伊藤 妃実子さんにお越しいただきました。



今回のエントランス・ショーケース展示は『ポップアップ・メルヘン』と題して、さまざまな仕掛け絵本・飛び出す絵本が勢ぞろい。 子どもの頃に夢見たような、不思議な世界が広がる展示です。



日本ではまだ少ない微表情読解の第一人者、清水建二さんに抑制された感情が無意識のうちに顔に現れては消え去る微細は顔の動き「微表情」を読むポイントと、それを活かしたコミュニケーション力向上方法についてお話いただきました。



2011年「桜」で作家デビュー、翌12年に樹立社ショートショートコンテストにおいて、最優秀賞を受賞した「海酒」が、ピース又吉直樹氏の主演で映画化。ショートショート大賞を立ち上げ、新世代ショートショートの旗手として精力的に活動する田丸雅智氏による90分で誰でも超ショートショートが完成できるワークショップを開催しました。



人材育成、組織改革のプロフェッショナルとして、アカデミーヒルズのセミナーではお馴染みとなっている柴田励司さんの13冊目の『入社一年目からの仕事の流儀』の刊行を記念してのライブラリーイベントを開催しました。



Forbes JAPANで好評の連載「電通総研BチームのNEW CONCEPT 採集」の番外編として、リアルイベントを電通総研、Forbes JAPAN、アカデミーヒルズライブラリーのコラボレーションで開催しています。第3回のテーマは「アナろぐ」



『外資系金融のExcel作成術』の著者である慎泰俊さんによるイベント。世界標準のフォントや罫線の使い方など、世界の金融機関が暗黙のルールとしているExcelの使い方を解説いただきました。



アカデミーヒルズエントランスショーケース企画展「文明VS.地球環境~この悩ましい問題~ 『ナショジオ』は森羅万象を写す」との連動企画第2弾として、自然写真家の高砂淳二氏をお招きしてのトーク&スライドショーを開催しました。



Forbes JAPANで好評の連載「電通総研BチームのNEW CONCEPT 採集」の番外編として、リアルイベントを電通総研、Forbes JAPAN、アカデミーヒルズライブラリーのコラボレーションで開催しています。



今回のエントランス・ショーケース展示は『文明 vs 地球環境 ~この悩ましい問題~』と題して、日経ナショナル ジオグラフィック社のご協力のもと、雑誌『NATIONAL GEOGRAPHIC』の表紙を辿る展示です。

創刊号をはじめ、年代ごとに網羅された表紙画像は圧巻!です。



今回初めての試みとして開催した「ランチタイム メンバー交流会」は、ある業界で活躍していてるライブラリーメンバーを囲んで、参加者自身もそれぞれが持っているスペシャリティや知見をシェアしつつ双方向に意見を交わすという双発的な交流会です。第一回が開催されました。



様々な国の文化に触れながら、メンバー同士の交流を深めるシーズナルイベント"World Trip"。9回めとなる今回は「スイス連邦」をテーマに、政治・経済・文化についてのレクチャーや、日本では入手困難なスイスワインを楽しみました。



六本木ライブラリーの新設書棚「Sense of Life」&「Design」のご紹介。皆さんはもう、新しい書棚をご覧になりましたか?



『1世紀以上も前に海を渡っていた桃太郎・浦島太郎・金太郎』と題して「ちりめん本」を展示しています。「ちりめん本」とは、19世紀末頃に刊行されており、その名の通り「縮緬(ちりめん)」でできたもの。いずれも希少なものばかりです。



あらゆる分野における「デザイン」の役割が、より重要性を増しています。新たなイノベーションが求められる現代において、その「デザインメソッド」を網羅的に解説し、ひらめきに頼らないアイデアを得ることができる本書。2015年、ライブラリーでいちばん販売数の多かったタイトルです。 次々と新たな価値を生み出す....



今回のエントランス・ショーケース展示は、『四季の和菓子』と題して、季節に合わせた色とりどりの和菓子をご紹介。
正月・春夏秋冬それぞれの季節に相応しい和菓子の数々は、いずれも趣深く美しいものばかりです。




六本木ライブラリー
アークヒルズライブラリー
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊