会員制ライブラリー
書 籍

新刊お薦め 2011年

日本中のだれにとっても忘れられない年となった2011年も、そろそろ暮れようとしています。「あり得ないこと」が起こり、仰天し、立ち尽くす自分。湧き上がる怒り。悲しみ。やり切れなさ。そんな思いをこんなにもやさしい言葉で表すことのできるのか、と日本語の力を思い知らされたのは中原中也賞を受賞した詩人の叫び。....



上位1%の最富裕層の人々が、ますます国中の富の多くを保有しているという米国。労働分配率も低下し、ふつうの人々が、以前よりも暮らしが苦しくなっていると感じていることが、世界に広まった"反ウォールストリート・デモ"の根底にあるとも言われています。 米国中に、そしてそこから世界中に広まっている厭世観の底流....



六本木ライブラリーは、「組織を離れた個人を支えたい」という想いで2003年4月に設立されました。 当時はまだまだ、終身雇用制が、日本社会の基軸となっていた頃。 しかし確かに、組織人ではない個人としての自分の生き方を考え、自分自身の感覚を信じ、人々のつながりを求めていた人もいました。 そのような人....



世のビジネスと同じように、日本の出版界では2月、8月は本の出版点数も抑えられているようで、 興味を引くような本が、ふだんよりが少ない気がします。 そのためか、このところ六本木ライブラリーのために選んでいる本は翻訳された書籍の割合が多くなりました。 『ハーバード流企画実現力』は、『企業変革力』等で著....



ゴールデンウィーク中の読書にお勧めしたい3冊を紹介します。震災の発生直後に東京で目立ったのは、外国人の出国ラッシュ。東京を離れて関西などに拠点を移す動きも目を引きました。このような動きの素早さに私たちが驚いてしまうのは、日本企業にはまだ、BCM (Business continuity management)と呼ばれる「事業継続マネジメント」が根付いていないからではないでしょうか。




会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊